自動二輪や単車など、バイクにはさまざまな呼び方が存在します。そんな、バイクにまつわる独特ないい回しの由来や意味をご紹介します。

バイクや排気量、車種の独特な言い回し

 自動二輪や単車など、バイクにまつわるいい回しは数多く存在します。そんな、様々ないい回しの由来や意味をまとめてみました。

バイクにまつわる様々ないい回しの由来や意味をまとめてみた
バイクにまつわる様々ないい回しの由来や意味をまとめてみた

 バイクにまつわる独特ないい回しのひとつとして真っ先に挙げられるのが、「単車」という呼び方。若い人は、あまり使わないかもしれませんが、年配の人の多くはバイクのことを単車と呼びます。いったいなぜ、二輪なのに単車と呼ばれるのでしょうか。その由来は、戦時中まで遡ることになります。

 第二次世界大戦前後、バイクはサイドカーを付け、人や荷物を載せて走ることが一般的でした。そのなかから、徐々にサイドカーをはずし、バイクを単体で走らせる人が現れ、サイドカーを外した単体のバイクとして、単車という呼び方が生まれたのです。

 その他にも、例えば「オートバイ」は、Auto bike(オートバイク)を語源とした和製英語です。この言葉は聞き慣れたいい回しだと感じると思いますが、実はオートバイは和製英語のため、一般的には「motorcycle(モーターサイクル)」と呼ばれることが多い海外では、通じません。

小排気量車は「ミニバイク」と呼ばれる場合もある
小排気量車は「ミニバイク」と呼ばれる場合もある

 また、小排気量車は「ミニバイク」と呼ばれる場合もあります。ミニバイクは何ccまでという具体的な定義はありませんが、125cc以下を指すことがほとんどです。さらに原動機付自転車、特に50cc以下は、「原チャリ」や「原チャ」と呼ばれることもあります。

バイクの呼び方だけじゃない! 他にもある独特ないい回しとは

 車種だけではなく排気量関連のいい回しにも、独特なものが存在します。例えば「ナナハン」いう呼び方は、750ccのバイク全般を示しています。

ホンダ「ドリーム CB750FOUR」の開発中に、機密保持のためのコードネームとして用いられたことが由来とされている「ナナハン」の名称
ホンダ「ドリーム CB750FOUR」の開発中に、機密保持のためのコードネームとして用いられたことが由来とされている「ナナハン」の名称

 これは、1969年に発売されたホンダ「ドリーム CB750FOUR」の開発中に、機密保持のためのコードネームとして用いられたことが由来とされています。圧倒的なパワーを持つドリームCB750FOURに追随し、他の国内メーカーも750ccのバイクを発売し始めたため、ナナハンという呼び方が、排気量を表すまでになったそう。

 このナナハンの派生として、650ccを表す「ロッパン」や250ccを表す「ニーハン」、125ccを表す「ワンツーファイブ」などの呼び方も生まれました。また、同じ排気量由来の呼び名としては、1000cc以上を表す「リッターバイク」や、ハーレーダビッドソン「スポーツスター883」の愛称「パパサン」などが存在。さらに、バイクの車種に対しての固有の愛称も存在し、カワサキ史に残る名車「750RS」は、型式の「Z2(ゼッツー・ゼットツー)」が愛称として定着しています。

「隼シリーズ」は、海外では「Busa(ブサ)」の愛称で親しまれている
「隼シリーズ」は、海外では「Busa(ブサ)」の愛称で親しまれている

 その他にも、スズキ「カタナ」や「隼」、「GSX」も、固有の愛称が存在。まず「カタナシリーズ」は、排気量によってそれぞれ愛称が異なり、1100ccのカタナは「刀」、750ccは「脇差」、400ccは「小刀」。そして「隼シリーズ」は、海外では「Busa(ブサ)」の愛称で親しまれています。

「GSXシリーズ」は、「ジスペケ」、「GSX-R」は「ジスペケアール」と呼ばれる場合も。

ホンダの「CBR250RR」は、「ニダボ」とも呼ばれています
ホンダの「CBR250RR」は、「ニダボ」とも呼ばれています

 ホンダの車種では、「ニダボ」や「ヨンダボ」、「センダボ」が有名。ニダボは「CBR250RR」、ヨンダボは「CBR400RR」、センダボは「CBR1000RR」のことを指しています。

 このように、バイクそのもののいい回しに加え、車種ごとにも独特の呼び方が存在する場合もあり、今回ご紹介した以外にも、さまざまないい回しが存在するので、気になった人は調べてみるのも面白いかもしれません。