さまざまな業種を展開するOkada.coは、DoohanTechnologyとの協力のもと完成させたキックボード型の折りたたみ式電動3輪バイク「ilark.neo」の販売を応援購入サイト「Makuake(マクアケ)」で開始しました。どのようなモデルなのでしょうか。

単独自立機能を採用した3輪モデル

 さまざまな業種を展開するOkada.coは、DoohanTechnologyとの協力のもと完成させたキックボード型の折りたたみ式電動3輪バイク「ilark.neo」の販売を応援購入サイト「Makuake(マクアケ)」で開始しました。

キックボード型の折りたたみ式電動3輪バイク「ilark.neo」
キックボード型の折りたたみ式電動3輪バイク「ilark.neo」

2021年に日本市場に導入された「ilark」は、2輪モビリティのデメリットである転倒のリスクを減らすために開発されたフロント2輪の電動モデルです。

キックボード型の折りたたみ式電動3輪バイク「ilark.neo」
キックボード型の折りたたみ式電動3輪バイク「ilark.neo」

 新たに登場したilark.neoは、普通自動車免許で運転できるミニカー登録可能なモデルで、車輪間の幅を大きくすることでミニカーの規定サイズに適合させています。

キックボード型の折りたたみ式電動3輪バイク「ilark.neo」。単独自立機能「4Sシステム」を採用することで転倒のリスクを低減させています
キックボード型の折りたたみ式電動3輪バイク「ilark.neo」。単独自立機能「4Sシステム」を採用することで転倒のリスクを低減させています

 ヘルメット不要(Okada.coは着用を推奨)で公道走行可能なilark.neoおよび原付仕様のilarkではにより自動的に車体が垂直を保つ単独自立機能「4Sシステム」を採用。

 トリプルディスクブレーキやサスペンション、600wの高出力モーターの搭載により優れた走行性能を実現するといいます。

 約5時間の充電で最大35kmの走行が可能なilark.neoの価格(消費税10%込)は23万4000円からとなっています。