ヤマハはネイキッドモデル「MT-25 ABS」2022年モデルを発売します。新型モデルではエンジン性能を維持しながら、平成32年排出ガス規制に適合させたほか、新しいグラフィックが採用されています。

MTシリーズのエントリーモデル「MT-25 ABS」

 ヤマハはネイキッドモデル「MT-25 ABS」2022年モデルを5月25日に発売します。

ヤマハ「MT-25 ABS」2022年モデル(グレー)
ヤマハ「MT-25 ABS」2022年モデル(グレー)

 日本において、MTシリーズのエントリーモデルとなるMT-25は、シャープで躍動感あるスタイリングと軽快な走りを兼ね備えたモデルで、若年層を中心に高い人気を得ています。

 2022年モデルでは、エンジン性能を維持しながら、平成32年排出ガス規制に適合。加えて、機敏で滑らかなシフトアップ操作を支援するクイックシフターをMT-25として初めてアクセサリー設定されています。

ヤマハ「MT-25 ABS」2022年モデル(左からグレー、ブルー、マットダークグレー)
ヤマハ「MT-25 ABS」2022年モデル(左からグレー、ブルー、マットダークグレー)

 また、2022年モデルではホイールにシアンを採用し、新たなトレンドを提案するグレー、ヤマハのフラッグシップモデル「YZF-R1」とのリレーションを図り、高いパフォーマンスを感じさせるブルー、ダークトーンのローコントラストでシリアスなイメージを表現したマットダークグレーの3色が用意されています。

 幅広いシーンで走りを楽しめるMT-25・2022年モデルの価格(消費税10%込)は63万2500円となっています。