ヤマハは、排気量250ccの直列2気筒エンジンを搭載するスーパースポーツモデル「YZF-R25」をマイナーチェンジし、2022年5月25日に発売します。また、WGP参戦60周年を記念した特別仕様車を、240台限定で7月12日に発売します。

新たなグラフィックに加え限定仕様車も

 ヤマハは「YZF-R25」の2022年モデルを5月25日に発売します。また、WGP参戦60周年を記念した特別仕様車を240台限定で、7月12日より発売します。

ヤマハ「YZF-R25」(2022年型)カラー:オレンジ
ヤマハ「YZF-R25」(2022年型)カラー:オレンジ

 ヤマハ「YZF-R25」は、排気量250ccの水冷直列2気筒エンジンを搭載するスーパースポーツモデルです。「毎日乗れるスーパースポーツ」をコンセプトに開発され、扱いやすさとスポーティな走行性能、スタイリングにより、2014年の新登場以来、若年層を中心に人気のモデルとなっています。

 マイナーチェンジした2022年モデルは、エンジン性能を維持しながら平成32年排出ガス規制に適合させ、装備面ではLEDフラッシャーランプを前後に採用しました。

 また、機敏で滑らかなシフトアップ操作を支援するクイックシフターを「YZF-R25」としては初めてアクセサリーに設定しています。

 新しく採用されたグラフィックは、高いパフォーマンスを感じさせる「ブルー」をはじめ、モダンな「ブラック」、カジュアルな「オレンジ」の3色設定で、価格(消費税10%込み)は66万8800円、国内年間販売計画は3500台です。

ヤマハ「YZF-R25 WGP 60th Anniversary」(2022年型)
ヤマハ「YZF-R25 WGP 60th Anniversary」(2022年型)

 同時に、ヤマハのロードレース世界選手権参戦60周年を記念し、1980年のレーシングマシン「YZR500」をモチーフとした特別仕様車「YZF-R25 WGP 60th Anniversary」も設定されています。価格(消費税10%込み)は69万800円、数量は240台限定です。