ジーエフケーマーケティングサービスジャパン株式会社が、全国のGMS、ホームセンターおよび家電量販店における電動アシスト自転車の2021年度販売動向を発表しました。

電動アシスト自転車が過去5年間で最高販売台数を記録

 85年以上にわたり、テータ消費者と市場のインサイトを提供してきたGfK Japan(ジーエフケーマーケティングサービスジャパン)株式会社が、電動アシスト自転車の2021年度販売動向を発表。今回対象となったのは、全国のGMS(総合スーパー・ゼネラル・マーチャンダイズ・ストア)、ホームセンターおよび家電量販店です。

2017年から2021年における電動アシスト自転車の販売台数・平均価格
2017年から2021年における電動アシスト自転車の販売台数・平均価格

 2021年度の電動アシスト自転車販売は、台数前年比4%増であり、直近5年間でもっとも販売が多い結果となりました。

 関東・甲信越では同7%増、東海・北陸では同5%増であった一方で、北海道・東北では同5%減となっています。

 自転車タイプ別にみると、もっとも販売台数の多いホーム車(普段使いを主な目的として設計された自転車)は、台数前年比5%減と微減で、構成比は75%と前年度より4%ポイント縮小する結果となりました。

 ミニサイクル(タイヤサイズ20インチ以下の自転車)は台数前年比25%増で、シティ車(ホーム車よりもデザインを優先させた自転車)は同38%増と二桁成長を見せ、結果、ミニサイクルは構成比10%、シティ車は同8%と、それぞれ2%ポイント増加しています。

また、電動アシスト自転車の平均価格は上昇傾向にあり、2021年度の税抜き平均価格は10万1円と前年度から1%上昇。特にホーム車、ミニサイクルの価格が上昇しており、ホーム車は10万4177円と2%、ミニサイクルは9万2450円と2%それぞれ前年度から上昇しています。

 その結果、販売金額は前年比5%増と堅調でした。

バッテリーの大容量化が進む電動アシスト自転車

 さらに、電動アシスト自転車ではバッテリーの大容量化が見られ、16Ah以上の構成比が前年度から5%ポイント拡大し32%を占める結果となっています。

バッテリー容量別 販売台数構成比
バッテリー容量別 販売台数構成比

 特に16Ahのバッテリーを搭載した製品のラインナップが拡大しており、台数前年比19%増。そのなかでも、シティ車の伸長が著しく同67%増に達する結果となりました。

 一方で、12 Ahから15.9Ahのなかでもっとも販売規模の大きい12.3Ahは、台数前年比19%減と大きく減少。構成比は前年度より4%ポイント縮小した16%となっていて、特にシティ車が減少しており、台数前年比51%減と半減しています。