ヤマハは軽二輪スクーター「NMAX155 ABS」の新型モデルを発売します。どのような進化を遂げたのでしょうか。

マットカラーで高級感を演出

 ヤマハは軽二輪スクーター「NMAX155 ABS」の新型モデルを2022年5月25日より順次発売します(マットダークグリーンとマットダークグレーは7月25日発売)。

ヤマハ「NMAX155 ABS」最新モデル
ヤマハ「NMAX155 ABS」最新モデル

 ヤマハのNMAX155は、欧州や日本で人気の「MAXシリーズ」のDNAを受け継いだ斬新なスタイルと、高速道路も走行可能な155ccエンジンが生み出すスポーティな走りをコンパクトなボディに凝縮させた軽二輪モデルです。

ヤマハ「NMAX155 ABS」最新モデル。スマートフォン専用アプリYAMAHA Motorcycle Connectに対応しています(画面は開発中のもの)
ヤマハ「NMAX155 ABS」最新モデル。スマートフォン専用アプリYAMAHA Motorcycle Connectに対応しています(画面は開発中のもの)

 NMAX155の最新モデルでは、着信通知や燃費管理が可能なスマートフォン専用アプリYAMAHA Motorcycle Connect(略称:Y-Connect)」への対応や、平成32年排出ガス規制適合の「BLUE CORE」エンジンを搭載。

 静粛かつ振動の少ないエンジン始動をもたらす「Smart Motor Generator」、低燃費に貢献する「Stop & Start System」、スタイルと機能性をバランスさせた新フレームと快適な乗り心地を支える前後サスペンションなど、充実した装備が奢られています。

ヤマハ「NMAX155 ABS」最新モデル(左からマットグレー、マットダークグリーン、マットダークグレー)
ヤマハ「NMAX155 ABS」最新モデル(左からマットグレー、マットダークグリーン、マットダークグレー)

 マットグレー、マットダークグリーン、マットダークグレーの3色が用意されたNMAX155の価格(消費税10%込)は40万7000円となっています。

■スマートフォン専用アプリYAMAHA Motorcycle Connect(略称:Y-Connect)」の主な機能
(1)車両メーターへのスマートフォン通知の表示
・電話やメールの着信、スマートフォンのバッテリー残量などを表示

(2)スマートフォン画面のサブメーター利用
・エンジン回転数、スロットル開度、エコ運転状況などを表示

(3)オイル・バッテリーのメンテナンス推奨時期のお知らせ

(4)燃費管理

(5)車両の最終駐車位置確認