今や絶大な人気を誇るホンダ「カブ」シリーズには、過去にもさまざまな派生モデルがラインナップされていました。一体、どのようなモデルが販売され、どのような活躍を見せたのでしょうか。

過去に販売されていたカブの変わり種車種とは?

 今や絶大な人気を誇るホンダ「カブ」シリーズには、さまざまな派生モデルが発売されていますが、過去にも個性豊かな派生モデルがラインナップされていました。一体、どのようなモデルが販売されていたのでしょうか。

初代モデルであるホンダ「スーパーカブC100」
初代モデルであるホンダ「スーパーカブC100」

 まず1台目にご紹介する車種は、初代モデルである「スーパーカブC100」です。開発期間は約1年8か月で、今までにないまったく新しいコミューターとして、1958年8月に発売されました。オートバイではあるものの、細身のタイヤや佇まいから、自転車を彷彿とさせるデザインが特徴的な1台です。

 開発コンセプトは「手のうちに入るものにする」で、当時まだ庶民には手が届きにくい乗りものだったオートバイを、「もっと身近にあって、誰でも気軽に使えるものにしたい」という思いが込められています。手での操作が不要な自動遠心クラッチや、スカートを履いた女性でも乗り降りしやすいUボーン型のフレーム、泥はねから足元を守るレッグシールドなど、乗る人の利便性を最優先に考えて設計された1台。

 初心者でも簡単に操作できるうえに実用性も兼ね備えており、あらゆる面で当時の常識を覆すスタイルと性能で、空前の大ヒットとなりました。

 販売開始から60年以上たった現在でも、その親しみやすい外観や性能など、基本の形を変えることなく世界各国で販売され続けています。

1971年に誕生した新聞配達仕様車 ホンダ「ニュースカブ」
1971年に誕生した新聞配達仕様車 ホンダ「ニュースカブ」

 2台目に紹介する車種は、1971年に誕生した新聞配達仕様車の「ニュースカブ」です。高度経済成長に伴い、新聞配達の部数・エリアが拡大していくなかで、省力化、効率化を図るために、日本新聞協会と新聞配達省力化委員会の協力要請を受けて誕生しました。

 新聞配達に特化した作りで、フロントと左右リアに50部ずつ新聞を収納できる防水性の布バッグと、大型リアキャリアが装備されており、最大350部の朝刊が積載可能。薄暗い早朝や雨天時などでも目立つよう、明るいブライトイエローのボディカラーが採用されている点からも、用途に適した車種を作るというホンダのこだわりが垣間見えます。

 さらに、リアウインカーが荷物に隠れないようテールランプ寄りに移動されているほか、薄暮時でも認識しやすいポジションランプや大型サイドスタンド、フロント強化ブレーキなど、随所に新聞配達に特化した仕様が盛り込まれました。

 3台目に紹介するモデルは、郵政仕様のスーパーカブ「デリバリー MD50」です。以前からカブに改造を施した郵政省向けの特別車両はラインナップされていましたが、郵便配達の専用設計車としては、1971年に登場した「MD90」が初となります。

郵政仕様のスーパーカブホンダ「デリバリー MD50」
郵政仕様のスーパーカブホンダ「デリバリー MD50」

 ちなみに「MD」は「Mail Delibvery」の略で、郵便専用のバイクであることを指す略称となっています。ボトムリンクだったフロントフォークをテレスコピック方式に変更し、メーターと別体式のバーハンドルを採用。1972年には、乗り降りしやすく小回りが利くよう、小径の14インチタイヤに変更されました。

 また、寒冷地などの寒い地域では、キャブヒーターやグリップヒーターなどを装備したモデルも存在。さらに原付や自動車免許しか持っていない郵便配達員にも対応するために、1973年に50ccモデルの「MD50」も登場しています。

 なお、現在は配達業務用モデルの「スーパーカブ プロ」の車体をベースにした、50ccと110ccのMDシリーズが活躍しています。

ホンダ「スーパーカブ50 SDX」
ホンダ「スーパーカブ50 SDX」

 4台目にご紹介する車種は、1982年に登場した「スーパーカブ50 SDX」です。50ccのスーパーカブ史上最大の5.5馬力を誇り、新設計のエコノパワーエンジンを搭載したモデル。

 これまでのスーパーカブは、丸みを帯びたデザインが主流となっていましたが、スーパーカブ50 SDXはそれまでのイメージとは異なり、ヘッドライトやウインカー、メーターパネルなど、あらゆるパーツに角型デザインが取り入れられ、斬新なスタイルに進化しています。

 なお、50SDXには「セル付き」と「キックのみ」の、ふたつのモデルがラインナップされていました。

ホンダ「リトルカブ」
ホンダ「リトルカブ」

 5台目に紹介するモデルは、1997年に登場したスーパーカブ50の小型版、「リトルカブ」です。これまでは、カブシリーズの多くが17インチタイヤを採用していましたが、リトルカブは前後のタイヤサイズが14インチと、小さめのタイヤを採用した点が大きな特徴。

 これにより、スーパーカブ50の基本構造はそのままに、シート高が30mmほど低くなり、足つき性や取り回しの良さを向上させました。小柄で親しみやすいスタイルと乗り降りしやすさから、若い女性に高い支持を得たモデルです。

 若者を意識したパステル調のカラフルなカラーもラインナップされ、それまでの「オジサンバイク」というカブのイメージを一新。なお、リトルカブは排ガス規制に伴い、2017年8月末をもって生産終了となっています。

※ ※ ※ 

 今でも高い人気を誇る「カブ」シリーズは、過去から現在までに多種多様な派生モデルが販売されてきました。今後も時代や用途に合った、どんな派生モデルが発表されるのか、ホンダの動向から目が離せません。