ピアッジオグループジャパンは、イタリアのバイクブランド「アプリリア」の特別仕様車「RS660リミテッド・エディション」を発売しました。どのような仕様なのでしょうか。

「星条旗」を身にまとった特別仕様車

 ピアッジオグループジャパンは、イタリアのバイクブランド「アプリリア」の特別仕様車「RS660リミテッド・エディション」を発売しました。

アプリリアの特別仕様車「RS660リミテッド・エディション」
アプリリアの特別仕様車「RS660リミテッド・エディション」

 2019年にイタリア・ミラノで開催されたバイクの見本市「EICMA2019」で初公開されたRS660は、新開発の排気量660cc並列2気筒エンジンを搭載したロードスポーツモデルです。

 アプリリアのスポーツモデルの中間排気量モデルとなるRS660をベースにした特別仕様車RS660リミテッド・エディションは、アメリカ国内選手権の最高峰のモーターサイクルレースシリーズで、モト・アメリカの一部であるツインズカップにて、同モデルが2021年度チャンピオンに輝いたのを記念した車両で、外装にはチャンピオンライダーであるカレブ・デ・キーレル選手がレースで使用したマシンをモチーフにしたグラフィックを採用。

2021年度チャンピオンに輝いたカレブ・デ・キーレル選手
2021年度チャンピオンに輝いたカレブ・デ・キーレル選手

 スポーティなシングルシートフェアリング(タンデムシートも別途付属)、ハイスクリーン、逆シフトも想定したクイックシフトのソフトウェアを標準で装備しています。

 1500台が生産されるRS660リミテッド・エディションの価格(消費税10%込)は154万円で、2022年6月下旬に出荷開始予定です。