ピアッジオグループジャパンは、イタリアのバイクブランド「アプリリア」の「トゥオーノ660」の上級モデル「トゥオーノ660ファクトリー」を発売しました。どのような特徴を備えているのでしょうか。

スポーティーさを際立たせた上級グレード

 ピアッジオグループジャパンは、イタリアのバイクブランド「アプリリア」の「トゥオーノ660」の上級モデル「トゥオーノ660ファクトリー」を2022年4月25日に発売しました。

アプリリア「トゥオーノ660ファクトリー」
アプリリア「トゥオーノ660ファクトリー」

 2019年にイタリア・ミラノで開催されたバイクの見本市「EICMA2019」で初公開されたトゥオーノ660は、フルカウルモデル「RS660」のフロントフェイス・デザインはそのままに、アップライトな乗車姿勢を生み出す幅広で高いハンドルバーを採用したネイキッドモデルです。

 上級グレードとして登場したトゥオーノ660ファクトリーは、トゥオーノ660をベースに、エンジン出力を95HP から100HPへと高めたうえで、スポーツライディングに適した、より精巧なサスペンションを搭載。

アプリリア「トゥオーノ660ファクトリー」。より精巧なサスペンションが搭載されています
アプリリア「トゥオーノ660ファクトリー」。より精巧なサスペンションが搭載されています

 軽量のリチウムイオンバッテリーを搭載し、約2Kgの軽量化を実現したほか、6軸慣性プラットフォームを標準装備したAPRC電子制御のフルパッケージが搭載されています。

 専用グラフィックやシングルシートフェアリングなども採用されたトゥオーノ660ファクトリーの価格(消費税10%込)は145万2000円で、2022年6月下旬より出荷予定です。