数はかなり少数ですが、バックギアが搭載されたバイクが存在します。それらのバイクには、なぜバックギア機能が備わっているのでしょうか。バイクのバックギアについて解説します。

バイクにバックギアが搭載されていない理由は?

 クルマには標準装備されているバックギア(リバースギア)ですがバイクには、ほとんどのど搭載されていません。しかし、あまり知られていないかもしれませんが、バックギアが搭載されているモデルも存在します。

 一体なぜ、バックギアが付いているバイクと付いていないバイクが存在するのでしょうか。

ホンダ「ゴールドウィング」のバックギアスイッチ
ホンダ「ゴールドウィング」のバックギアスイッチ

 バイクに搭載されているバックギアは、クルマと同じように車体を後退させるための機能です。

 現在は様々なバイクのラインナップのなかでも、一部の大型車のみに搭載。その特徴は、車格が大きく車両重量が300kgを超える重量級のモデルです。重量が300kgを超え、さらに車幅も広いバイクは、手で押して動かしたり、足の力だけで後退するのが困難です。また、小型バイクと違って小回りが利きにくく、いざターンをする際も最小半径が大きく車重も重いことから、容易に切り返しができないため、バックギアが搭載されています。

 では、具体的にバックギアの機能は、どのような場合に役立つのでしょうか。

 自宅や外出先など、場所や状況にかかわらず、駐車する際に必ず広いスペースが確保できるとは限りません。大型のバイク一台がやっと停められる場所だったり、前と左右をほかの車両に囲まれているケースも考えられるでしょう。しかし、バックギアが備わっていれば、狭い場所でもあらかじめバックすることで、後向きに駐車できるというメリットがあります。

 また、下りに傾斜している場所に駐車する際や、砂利道など路面状況が良くない場所での停車時にも、バックギアは非常に役立ちます。重いバイクは取り回しが大変なため、大きな石などの障害物が後ろにあると、動かなくなる場合もあります。

 こういった状況でもバックギアがあれば、車両をバックさせて動かすことが可能なので、車幅が大きく重いバイクでは重宝する機能です。

バックギアが搭載された大型モデル BMW「K1600 GTL」
バックギアが搭載された大型モデル BMW「K1600 GTL」

 このような理由から、一部の大型バイクにはバックギアが標準装備されている一方で、ほとんどのバイクにはバックギアの機能が備え付けられていません。

 そもそもバイクは2輪で走行する乗りもので、クルマと比較すると安定性に欠けており、後ろ向きでバランスを取るのが非常に難しいのが現実。つまり、バックをするにはクルマよりも高い操縦技術が必要になるため、転倒などの事故防止の観点から、バックギアは基本搭載されていません。また、バックギアを搭載することで、ミッションやエンジンの構造が複雑になるためコストが上がってしまい、それが車体価格に反映されることになってしまいます。

 クルマよりもバックする機会が格段に少ないことに加え、構造の簡略化などによるコスト削減の意味でも、バックギアを搭載したバイクは限られていると考えられます。

バックギアが搭載されている車種は?

 では、バックギアが搭載されている車種は具体的に、どのようなモデルがあるのでしょうか。

バックギアが搭載されたホンダ「ゴールドウィング」
バックギアが搭載されたホンダ「ゴールドウィング」

 まず1台目にご紹介するのは、ホンダが販売する大型ツアラー「ゴールドウィング」です。クルマのような充実した装備と、ソファ感覚の快適なタンデムシートが採用された豪華モデル。

 実際にバックをさせるには、手元のスイッチで操作できる「微速前後進機能(ウォーキングスピードモード)」を使用します。また、左ハンドルに配置されたスイッチのプラスやマイナスボタンを押すことで、前後に動き、車庫入れや取り回しなどを楽におこなうことが可能です。

バックギアが搭載されたBMW「K1600 GTL」
バックギアが搭載されたBMW「K1600 GTL」

 そして2台目にご紹介する車種は、ドイツの自動車メーカーBMWの「K1600 GTL」。1648ccの大排気量に、充実した装備と快適な乗り心地を実現した、BMWのフラッグシップツアラーです。

 車両重量が358kgにも及ぶこともあり、バックギアを標準装備。操作手順は非常に簡単で、まずニュートラルの状態から左ハンドルの手元にあるRのボタンを押してください。メーターパネルに表示されているNの表示がRに切り替わったら、右手のセルボタンを押し続けている間だけバックする仕組みとなっています。