ヤマハ・ヨーロッパは、原付二種3輪スクーター「トリシティ125」の最新モデルを欧州市場に導入しました。新型モデルでは新型シャシーを採用したほか、新開発のリアサスペンションやアイドリングリングストップの搭載など、あらゆる面で進化を遂げています。

新型シャシーやリアサスペンションで走りをアップグレード

 ヤマハ・ヨーロッパは、原付二種3輪スクーター「トリシティ125」の最新モデルを欧州市場に導入しました。

ヤマハ「トリシティ125」最新モデル
ヤマハ「トリシティ125」最新モデル

 ヤマハ独自の技術である「LMW(Leaning Multi Wheel)」をフロントに採用するトリシティ125は、「トリシティ155」「トリシティ300」で構成されるトリシティ・シリーズのエントリーモデルです。

 欧州市場に導入された最新のトリシティ125では、ユーロ5に準拠した排気量125ccのブルーコアエンジンを乗り心地の向上した新型シャシーに搭載。

ヤマハ「トリシティ125」最新モデル
ヤマハ「トリシティ125」最新モデル

 環境性能を高めるオートマチック・スタート・ストップ・システム、新開発のリアサスペンション、最適化されたコンバインド・ブレーキシステム、スマートフォン接続可能な新型液晶コックピット、フットボードの拡大など、様々な面でアップデートが図られています。

 そのほか、ワイドビーム化したLEDヘッドライト、スマートキーによる新しいキーレス車両操作なども採用した新型トリシティ125。日本への導入時期が気になるところです。