大型連休中はバイクイベントが各地で開催され、ライダーどうしの交流が久々におこなわれました。長きに渡っておこなわれている伝統ある「W1ミーティング」も箱根十国峠にて復活。30年近くW1SA(1971年式)に乗るバイクジャーナリストの青木タカオさんも喜び勇んで参加しました。

熱狂的ファンが支えるカワサキWシリーズ

 カワサキといえば、今年で50周年を迎えた「Z(ゼット)」と言いたいところですが、「W(ダブル)」の系譜も忘れてはなりません。1966年に初代『W1(ダブルワン)』が発売され、カワサキビッグバイクの礎をつくった立役者であります。

1966年の初代『W1(ダブルワン)』に試乗する筆者(青木タカオ)
1966年の初代『W1(ダブルワン)』に試乗する筆者(青木タカオ)

 熱狂的なファンが多いことで昔から知られ、オーナーどうしの交流も早くから盛ん。日本にまだ単一モデルのオーナーズクラブが存在しない70年代から愛好会の活動がはじまり、ミーティングがおこなわれてきました。

 毎年恒例、春と秋の2回。箱根十国峠や富士河口湖で欠かさず開催されてきたのが「W1ミーティング」です。コロナ禍により、2020年と21年は中止が続きましたが、ついに5月8日(日)に『第37回』が開かれました。

「第37回W1ミーティング」には、多くのW1愛好者が参加した
「第37回W1ミーティング」には、多くのW1愛好者が参加した

 W1SA(1971年式)を28年間所有する筆者(青木タカオ)も、これまで何度か参加してきましたが、2年ぶりとあって今年はワクワクしつつ箱根へと向かいました。

オーナーでなくとも見学大歓迎

 会場の十国峠レストハウス駐車場は230名もの参加者で賑わい、バーチカルツインエンジンの美しい音色が響き渡ります。駐車場を見渡すと、1974年で生産が打ち切られた『650RS』通称“W3”(ダブサン/ダブルスリー)までのOHV世代はもちろん、1999年に復活したSOHC4バルブの『W650』以降、現行の『W800』シリーズまで来場していることがわかります。

十国峠レストハウス駐車場は230名もの参加者で賑わった
十国峠レストハウス駐車場は230名もの参加者で賑わった

 主催する「W1愛好会」の高橋直幸会長によると「Wシリーズに興味がある人なら誰でも大歓迎です」とのこと。実際、オーナーではないライダーやクルマに乗ってくる見学者も多く、人気の高さや衰えを知らない注目度の高さを改めて感じることができるのでした。

バイク女子も熱視線!

 会場では、W1やW3に憧れを持つバイク女子たちにキックスタートを教える光景も見られ、若い世代へとWシリーズの人気が受け継がれていくことを目の当たりにすることもできます。

『W800』や『W650』に乗る女性ラーダーもミーティングに参加
『W800』や『W650』に乗る女性ラーダーもミーティングに参加

『W800』や『W650』に乗る彼女たちもキック始動ができると、「欲しくなりました」と目を輝かせたのが印象的です。もしかすると近い将来、W1やW3に乗って会場に現れるかもしれません。現行の『W800』と両方を所有し、新旧両方のWを愉しむ。そんなオーナーも珍しくはありません。

幻のスクランブラーも!!

「みんなと久しぶりに会えることがなによりも嬉しい」と話すのは、「ライダースカフェはまなこ」(静岡県浜松市西区)を経営する小林さん。Wシリーズを複数台所有しますが、今回は日本で販売されることがなかった『W2TT』(1967年)で参加しました。数ある愛車の中でも、特に気に入っています。

「ライダースカフェはまなこ」(静岡県浜松市西区)を経営し、『W2TT』(1967年)で参加した小林さん
「ライダースカフェはまなこ」(静岡県浜松市西区)を経営し、『W2TT』(1967年)で参加した小林さん

 カワサキやホンダら、海外進出をもくろむ60年代の日本車メーカーが特に重視したのは北米市場でした。W1は大排気量車を好むアメリカのユーザーに向けて開発されたもので、『W2TT』はアップタイプマフラーなどを備えてスクランブラー仕様にしたバリエーションモデル。

 ヒットにはいたらず生産台数は、わずかに640台程度でした。そんな博物館級希少車の実際に動く姿を目のあたりにできるのも「W1ミーティング」の魅力となっています。

イベントの盛況ぶりにW1愛好会の高橋直幸会長は「無事に開催できて嬉しい。Wは永遠です」と目を細めていた
イベントの盛況ぶりにW1愛好会の高橋直幸会長は「無事に開催できて嬉しい。Wは永遠です」と目を細めていた

 イベントの盛況ぶりに高橋会長は「無事に開催できて嬉しい。Wは永遠です」と目を細めました。筆者もまた「いつまでもダブワンに乗っていたい」と、つくづく思うのでした。