Aloha Happy Friday! “The next station is...SUNNY RIDE!” 声優&ヒーラーとして活動するクリステル・チアリの連載へようこそ!毎週のぞいてくれるだけで、楽しい気分になれる不思議空間。今週もゆったりと、クリスワールドに浸かってってくださいませ。

Nicot motorcycle「PT125」は、125㏄という排気量を感じさせないパワフルさ

 125ccのオフロードモデル、Nicot motorcycle「PT125」。本格的なオフロード車を普段の生活のなかで、山盛り満喫してきたゴールデンウィーク。

 雨の日はお留守番をしてもらって、それ以外の日は収録にもお買い物にも、さらにいつもお参りに行く神社やお寺さんにも!

 編集部からお借りして、エンジンをかけて、いざ出発って時にニュートラルが一番下で、そこからギアを上げてくという方式が、最初分からなくてアワアワしましたが、すぐに慣れたので問題なし。

Nicot motorcycle「PT125」の試乗に出発するクリスさん
Nicot motorcycle「PT125」の試乗に出発するクリスさん

 ただ一点、ニュートラルから1速に入れた瞬間に、ギアが入った勢いでガクンと前に出るので、しっかりとブレーキを握っとかなあかんよ。そこさえクリアすれば、とっても快適!

 バイクのサイズが大きい分、ついついパワーやスピードを求めてしまいますが、この子は125cc。それを忘れてしまうような、力強い最初のスタート。

 1速に入れてグーンと前に出る感覚。すごい力強くて、めっちゃ気持ちいい。グーンと引っ張って、2速に入れてまた引っ張って、3速からの4速。そして5速ってそこで「あー、そうや4速までかぁ」と気づく。

 それくらいパワーがあって、走りやすい。欲をいえば見た目の大きさどおり、幹線道路の信号で並んだ他の中型バイクたちと同じようにスピーディーに走りたい。

Nicot motorcycle「PT125」は快適性よりライディングの楽しさ重視!?
Nicot motorcycle「PT125」は快適性よりライディングの楽しさ重視!?

 ミラーも見やすい位置にあって、ポジションも真っ直ぐ座れてちょうど良い。

 シートは硬いけど、そこは楽しむやつ!いつもだと、快適を求めてしまうクリスさんですが、オフロード車やもん。気にしたらあかんやん?ということで、遊ぶマシ〜ンとして、細かいところは気にしない。

 例えば、めちゃエンジンフル回転して走ってくれてる時のハンドルから伝わる振動とか、シートの下からくる振動。ミラーが振動でめっちゃブルブルしたり、ちょこんと付いている可愛いメーターもブルブル震えて、細かいところが見えにくい。

 そんな快適とは程遠い部分も含め、ぜ〜んぶめっちゃ楽しかった!

 ちなみに、60㎞/h以下でのんびり走行した場合は、そんなにブルブルしないのですが、これは、どこまで速度を出せるかな? 出したらどうなるかな?という興味本位で走って、実験してみたクリスさんなりの体験。

 ついつい125ccだということを忘れてしまう、最高に楽しいバイクです。

オフロード性能も十分楽しめる1台

 では、狭い小道や山道はどうか?というところですが、畦道や畑の周りなど、ボコボコ道を走っても、サスペンションの衝撃吸収が素晴らしく、とっても快適。

 本当は本格的なモトクロスコースに走りに行きたいけど、ひとりだと怖くて自信がないから今回は、ちょうどいい感じのスポットを見つけて、日が暮れるまで遊んでみました。

 オフロードは、オンロードでの乗り方とは真逆で、曲がるときに足を出してクルンとしたり、なんとなく感覚が戻ってきて、Uターンも小回りがめっちゃできるようになった。

「オフロードで練習するといいんだよ! 滑る感覚を掴むとビビらなくなる!」そんなことを、バイクのニュースでもお馴染みの松井勉さんと昔、草レースでご一緒させていただいた時に教わった言葉を思い出しながら、何回も何回も練習してみました。

都内での通勤も楽しくしてくれるNicot motorcycle「PT125」
都内での通勤も楽しくしてくれるNicot motorcycle「PT125」

 バランスを取る練習も、立ってゆっく〜りゆっく〜り。あー!もっと乗りたい〜!バイクを上手に乗れるようにちゃんとなりたい!

 初めて乗ったPT125。都内での通勤も長閑な近所も、最高に楽しめました。オンロードともスクーターとも全然違う感覚。純粋に楽しかった!これがもっと大きい排気量だと、初めてやと反対に怖かったかもしれない。

 改めて125㏄というクラスが、今の私には合ってるのかな〜と感じ始めたクリスさんでした。Mahalo。