Segway Japan(セグウェイジャパン)は、シェアリング事業用電動キックスクーター Max Plus 公道仕様版の販売を開始しました。どのような特徴を備えているのでしょうか。

ケーブルレスで耐久性を向上

 Segway Japan(セグウェイジャパン)は、シェアリング事業用電動キックスクーター Max Plus 公道仕様版の販売を開始しました。

公道走行仕様のセグウェイ「Max Plus」
公道走行仕様のセグウェイ「Max Plus」

 全世界で累計1,000万台の電動キックスクーターを販売してきたSegway-Ninebotグループは、個人向けの電動キックスクーターから、シェアリング事業専用機材として海外の有名サービス・プロバイダーのニーズに応える製品を提供するリーディングカンパニーです。

 新たに法人向け販売を開始したMax Plus公道仕様版は、時速20km未満の原動機付自電車(特定小型原付 ※時速以外にも様々な条件があります)として取り扱い可能な保安器具を備え、シェアリング事業用の機材として日本で独自に開発されたモデルです。

 現在行われている電動キックスクーターの公道実証実験を実施することを内容とする産業競争力強化法に基づく新事業活動で求められる基準に準拠したMax Plus公道仕様版では、レトロな方向指示器をハンドルバーエンドに配置し、前後から高い視認性を確保。

 方向指示器内に内蔵したシンプルな警報機、耐久性といたずら防止するためケーブルレス仕様にするなど工夫が凝らされています。

 なお、Max Plus公道仕様版ではIoT(あらゆるモノをネットワークに接続する技術/モノのインターネット)を備えているため、インターネット環境に接続された機材として「キックスクーターによる自由な移動の実現」、所有せずに安価に簡単な課金決済システムでレンタル利用出来る「利便性」、動態管理やジオフェンスや利⽤者情報の取得による違法⾏為抑⽌といった「公共性」を付加したサービスを、機材のハードウェアの導入だけでなくソフトウェア(ユーザーアプリ、管理アプリ、管理ダッシュボード)も一緒に利用可能となっている点も特徴となっています。

■セグウェイ「Max Plus 公道仕様版」
大きさ L 120 x W 67 x H 120 cm
本体重量 28.5kg
搭載重量 20kg以上〜100kg未満
最高速度 クラウド管理画面で時速20キロ未満に設定して利用
走行距離 〜約50km(利用環境によって減少)
バッテリ容量 36 V 551 Wh/約4時間充電
モーター出力 350 W
価格 問い合わせ