スズキは、スクーターモデル「NEX GSR125」の最新モデルを台湾市場で発表しました。

スーパースポーツ譲りのシャープなスタイリング

 スズキは、スクーターモデル「NEX GSR125」の最新モデルを台湾市場で発表しました。

スズキが台湾市場に導入した原付二種スクーター「NEX GSR125」最新モデル
スズキが台湾市場に導入した原付二種スクーター「NEX GSR125」最新モデル

 日本の新幹線にちなんで名づけられたNEX GSR125(高速で素早い動きを意味)は、軽量・コンパクト、静粛・低騒音、省エネ・低燃費、高加速性能の4つを特長とする日本設計の省エネエンジン「SEP(SUZUKI Eco Performance)」を搭載した原付二種スクーターです。

 スズキのスーパースポーツ「GSX-R」シリーズ譲りのスポーティでアグレッシブな外観に、LEDデイタイムランニングライトを備えたヘッドライトや大型LEDテールライトを装備する NEX GSR 125では、32Lの大容量シート下収納スペースを採用。

フルフェイスヘルメットも楽に収納できる広くて深いフラットな空間とすることで、より多くの荷物を持ち運んだり、旅行・通勤に利用したりすることが可能となっています。

 そのほか、3段調整式ツインリアショックや防水USBチャージャーも備えられたNEX GSR125では、バッテリーの残量が少ない場合などのトラブル時に便利なエマージェンシーレバー(キックスタート用レバー)もオプションとして設定されています。