スズキはフラッグシップモデル「Hayabusa(ハヤブサ)」の最新モデルを発売します。新型モデルでは新しいカラーリングを採用したほか、ETC2.0車載器が標準装備されました。

ハヤブサの伝統を受け継ぎ深化した3台目の最新モデル

 スズキはフラッグシップモデル「Hayabusa(ハヤブサ)」の最新モデルを2022年6月28日より全国のスズキ「ETC2.0 車載器 標準搭載車 取扱店」で発売します。

スズキ「ハヤブサ」最新モデル(サンダーグレーメタリック/キャンディダーリングレッド)
スズキ「ハヤブサ」最新モデル(サンダーグレーメタリック/キャンディダーリングレッド)

 1999年に初代モデル、2007年に2代目モデルが登場したハヤブサは、「Ultimate Sport(究極のスポーツバイク)」をコンセプトに開発された車両で、高い空力特性を持つ独特のデザインや優れた走行性能で世界中のユーザーから指示されているスズキのフラッグシップモデルです。

 2021年には、電子制御スロットルの採用や吸排気の機構変更などにより低中速域における出力とトルクを向上した排気量1339ccのエンジンや、吸気口の縁にポジションライト組込型ターンシグナルなどを備えることで全面刷新した3代目モデルが登場。

 出力特性、トラクションコントロール、エンジンブレーキコントロールなど 5 つの制御レベルを選択できる SDMS-α(スズキドライブモードセレクターアルファ)を備えた電子制御システム S.I.R.S.(スズキインテリジェントライドシステム)、設定速度を超えないようにするアクティブスピードリミッターなどを搭載することで、街乗りやツーリングなど様々な走行シーンやユーザーの好み、技量に対応することが可能となっています。

スズキ「ハヤブサ」最新モデル(サンダーグレーメタリック・カラーオプション)
スズキ「ハヤブサ」最新モデル(サンダーグレーメタリック・カラーオプション)

 最新のハヤブサでは標準車体色となる灰/赤「サンダーグレーメタリック/キャンディダーリングレッド」、黒/マット黒「グラススパークルブラック/マットブラックメタリック No.2」、白/青 「ブリリアントホワイト/パールビガーブルー」の3色に加え、サンダーグレーメタリック、グラススパークルブラック、ブリリアントホワイトをベースにそれぞれ6色、計18色が用意されたカラーオーダーも準備されています。

 新生ハヤブサのデザインを引き立てるカラーリングが採用された最新モデルの価格(消費税10%込)は215万6000円(カラーオーダーは221万1000円)となっています。