中国のオフロードバイク専門メーカーNicot motorcycleがラインナップする125㏄オフロードバイク、「PT125」に試乗しました。

中国のオフロードバイク専門メーカー

中国のバイクメーカー「Nicot motorcycle」がラインナップする125ccクラスのオフロードモデル、「PT125」に試乗しました。

Nicot motorcycle「PT125」と筆者(先川知香)
Nicot motorcycle「PT125」と筆者(先川知香)

 Nicot motorcycle。あまり聞きなれないメーカーですが、2016年に中国で最大のオートバイ生産拠点である重慶に設立。オフロードバイクの開発と製造を専門におこなう会社だそうです。

 3人乗りが可能な125ccトライク「APtrikes 125」を販売する「アライブプラス」が、新たに輸入総代理店として販売を開始したNicot motorcycle「PT125」は、日本市場では希少となる公道走行可能な原付二種オフロードバイクとなっています。

motorcycle「PT125」の足つき(身長165㎝)
motorcycle「PT125」の足つき(身長165㎝)

 まずはビジュアル。オフロードバイクにしてはかなり華奢な印象で、一体どの程度の未舗装路を走れるんだろうと、少し半信半疑になってしまうスマートさ。いい換えると、全体的にゴツイ印象が強いオフロードバイクにしては、かなりスッキリとしたデザインに感じます。
 
 シート高は875mmですが、そのスマートなフォルムも相まって、125㏄とは思えないほど車高は高く見えました。

 実際に跨ってみると、やはり見た目どおり車高は高いので、足を上げるのに一苦労。一方で、サスペンションのストロークがかなり大きく、座ってしまえばライダー自身の体重でかなり沈んでくれるので、足つきは見た目ほど悪くはありません。

 身長165㎝の私(先川知香)で、両方の爪先がしっかりと地面に付く安定感です。

サイドスタンドの位置がライダーからは届きにくいので要注意
サイドスタンドの位置がライダーからは届きにくいので要注意

 シートの座り心地も、見た目の薄さから想像する程悪くは無く、キチンと普段使いが考えられている印象。

 サイドスタンドが、ライダーが跨ったまま出すには足が届きにくい場所に、直角に近いようなレベルで立て気味に付いているので、バイクから降りる際は少し不安感がありますが、この点は慣れれば問題なしという感じ。

 車体自体は軽いので、気を付けてしっかりとスタンドさえかけてしまえば、バランスを崩して立ちごけをするという心配は少ないと思います。
 
 というように、ここまではオフロードバイクのビジュアルが好みのライダーが、日常の足として気軽に使える1台という感想でした。

エンジンに乗っていることがダイレクトに感じられる乗り味
エンジンに乗っていることがダイレクトに感じられる乗り味

 しかし、エンジンをかけて走りだすと、その印象は一変。車体自体が華奢な作りになっているせいか、乗っている最中の振動がすごく、ただの移動に使うには、目的地に着く前にかなり疲れてしまいます。

 舗装された一般公道を走っているとブルブルと全身が揺れ、個人的にはエンジンを全身全霊で感じられるこの乗り味は好きですが、それは試乗という状況だから。どんな時もこの振動を感じながらの移動となれば、ちょっと厳しいというのが正直なところです。

 一方で、小回りはかなり効くので、Uターンなどの急なカーブに苦手意識がある人にはオススメ。

オフロードで本領を発揮するNicot motorcycle「PT125」
オフロードで本領を発揮するNicot motorcycle「PT125」

 さらに、舗装路ではなく未舗装路では、ストロークの大きなサスペンションやブロックタイヤが本領を発揮。舗装路では少し辛いと感じたほどの振動がそこまで気になることもなく、砂利道での安定した走行性能を楽しませてくれました。

 ということで、私的総合判定は、林道などのオフロードツーリングを楽しむための入門用バイク!

 価格(消費税込)も29万5900円とリーズナブルで、土遊び+αで公道での移動もできちゃう便利な1台です。

 全長1940mm、全高1117mmとコンパクトな設計で、ボックスタイプのファミリーカーなら余裕で積み込めてしまうので、バイクでのオフロード遊びを始めたいという人に、ぜひ乗ってみて欲しいモデルでした。