ヤマハは、水冷155cm3のBLUE COREエンジンをスポーティで斬新なスタイリングのボディに搭載した軽二輪スクーター、新型「X FORCE ABS」を2022年6月28日に発売すると発表しました。

コネクテッド機能を搭載するスポーティで斬新なスタイルのスクーター

 ヤマハが2022年6月28日、水冷155cm3のBLUE CORE (ブルーコア)エンジンをスポーティで斬新なスタイリングのボディに搭載した軽二輪スクーターの新型モデル「X FORCE ABS」を発売します。

ヤマハ新型「X FORCE ABS」マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)
ヤマハ新型「X FORCE ABS」マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)

 X FORCE ABSは、Master of Street Scooterをコンセプトに、通勤・通学に快適・便利かつ乗って楽しいモデルとして開発されました。

 主なトピックは、高燃焼効率、ロス低減、冷却性の3点を照準に開発され、走りの楽しさと燃費・環境性能を両立させるBLUE COREエンジンが搭載されたこと。
 
 燃焼室は、パワーと燃費の両立を図るためにコンパクトに設計。高効率燃焼のポイントとなる圧縮比は、11.6:1とし、混合気のタンブル(縦渦)を効果的に生成させ、FIセッティングとの相乗効果で高出力と低燃費が備えられました。また、未舗装路等で後輪空転の兆候が検知されると、点火時期・燃料噴射量を統合制御し、滑らかな発進性・走行性をサポートするトラクションコントロールシステムも搭載されています。

ヤマハ新型「X FORCE ABS」マットダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック2(マットグリーン)
ヤマハ新型「X FORCE ABS」マットダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック2(マットグリーン)

 さらに、エンジンには「Smart Motor Generator」を搭載。始動時はスターターモーターとして機能し、走行時はジェネレーターとして働きます。

 これにより、従来のスターターモーターと減速ギアが不要となり、軽量・コンパクト化と静かなエンジン始動が実現されました。また、VVA(Variable valve actuation=可変バルブ)も採用。これは、低速向けと中高速向けのカム(吸気側)のリフト量が切り替わる機構で、相互にトルクカーブを補完し、全域で優れたトルク特性を発揮します。

 ほかにも、スタイルと走行性、そして快適性をバランスさせた新設計の軽量・高剛性鋼管フレームを採用。最適なセッティングが施された前後サスペンションなどにより、キビキビとした軽快な走行を楽しむことが可能となりました。
 
 それらに加え、新設計の前後13インチ軽量ホイールには、フロントφ267mm、リアφ230mmの大径ウェーブのブレーキディスクを採用。前後独立式のABSも装備され、スポーティな走りを支えます。

ヤマハ新型「X FORCE ABS」ブルーイッシュホワイトパール1(ホワイト)
ヤマハ新型「X FORCE ABS」ブルーイッシュホワイトパール1(ホワイト)

 スタイリングは、前後オーバーハングを短くし、フロントは力強さ、リアは軽さを表現した斬新なデザイン。特にリア周りはセパレートリアフェンダーにより、軽快感が強調されています。また、荷重をかけやすい幅広なモタード風のバーハンドルや質感とグリップ力を高めたフラットシートなどにより、快適性と運動性をバランスさせ、日常的な取り回しやすさとスポーツ性が両立されました。

 さらに同モデルでは、専用アプリ「YAMAHA Motorcycle Connect(略:Y-Connect)」をインストールしたスマートフォンとのペアリングが可能。

 ペアリングをすることで、次の機能が拡充されます。

・車両メーターへのスマートフォン通知の表示・電話やメールの着信、スマートフォンのバッテリー残量などを表示
・スマートフォン画面のサブメーター利用・エンジン回転数、スロットル開度、エコ運転状況などを表示
・オイル・バッテリーのメンテナンス推奨時期のお知らせ
・燃費管理
・車両の最終駐車位置確認
 
 なお、同製品はヤマハモーター台湾でおこなわれ、価格(消費税込)は39万6000円。マットダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック2(マットグリーン)、マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)、ブルーイッシュホワイトパール1(ホワイト)、ブラックメタリックX(ブラック)の4色展開です。

 ヤマハの軽二輪スクーター新型「X FORCE ABS」の価格は、36万9000円(税込)です。