BMW Motorradは、同社の大型ヘリテイジモデル「R18」をベースにした最新カスタム「R18 Magnifica(マニフィカ)」をモナコで開催されたTop Marques show(トップ・マーケット・ショー)で公開しました。どのような一台なのでしょうか。

素材に木材も使用した唯一無二の存在

 BMW Motorradは、同社の大型ヘリテイジモデル「R18」をベースにした最新カスタム「R18 Magnifica(マニフィカ)」をモナコで開催されたTop Marques show(トップ・マーケット・ショー)で公開しました。

BMW Motorrad「R18」をベースにしたカスタムバイク「R18 Magnifica」
BMW Motorrad「R18」をベースにしたカスタムバイク「R18 Magnifica」

 カスタムのベースとなったBMW MotorradのR18は、同ブラド史上最大排気量となる1801ccのボクサーエンジンを搭載した大型クルーザーモデルです。

 Radikal Chopperにより手がけられたR18 Magnificaは、贅沢さとクラフトマンシップ、素材の気高さを強調するもので、各部に真鍮、アルミニウム、木材などの素材を用いたハンドメイド・パーツを配置。

 アルミブロックから削り出したホイールや革新的なブレーキディスクとキャリパー、テールとシート一体型サスペンション、マホガニー材にポリッシュ仕上げのステンレス製センターセクション、削り出しのフロントフォークなど、エンジン、電気系統を除く車体のほぼすべてに手が加えられています。

BMW Motorrad「R18」をベースにしたカスタムバイク「R18 Magnifica」
BMW Motorrad「R18」をベースにしたカスタムバイク「R18 Magnifica」

 製作者であるRadikal ChopperのAndrea Radaelli氏はR18 Magnificaについて次のように話します。

「このバイクは私自身の作品でなければならず、他の人が既に設定し、非常にうまく行っているコンセプトを掘り起こしたり、修正したりする気にはなれません。

 BMW R 18 Magnificaのデザインのインスピレーションは、1920年代、30年代、40年代のヴィンテージ・モーターバイク、特にBMW R 37にあり、“今日でも多くの現代のモーターサイクルが再現できない信じられない魅力を持つ”オブジェクトです。

 木という特殊な素材を使うことで、グリップなどのディテールに使われていた過去のバイクを強く思い起こさせ、1940年代の古いBMW車の木製ステアリングホイールを思い起こさせます。この素材は、バイクの上に“生きているもの”を乗せたいという思いにも応えます。さらに、このウッドはR 18 Magnificaのデザインに首尾よくフィットし、このカスタムにシックでレトロ、そしてモダンな効果を同時に与えています」。