カワサキモータースは電動3輪ビークル「noslisu(ノスリス)」シリーズの新型モデル「noslisu電動アシスト自転車カーゴ仕様」を2023年春に発売します。どのような特徴を備えているのでしょうか。

ユーザーの要望に応えた新型モデルが登場

 カワサキモータースは電動3輪ビークル「noslisu(ノスリス)」シリーズの新型モデル「noslisu電動アシスト自転車カーゴ仕様」(以下:noslisu カーゴ仕様)を2023年春に発売します。

カワサキ「noslisu(ノスリス)電動アシスト自転車カーゴ仕様」
カワサキ「noslisu(ノスリス)電動アシスト自転車カーゴ仕様」

 2020年9月に川崎重工の社内公募制度「ビジネスアイディアチャレンジ」の第1号案件として選定されたnoslisuは、独自の3輪構造を生かした高い積載能力・安定性と高性能モーターで「安全・快適・気軽な移動体験を全ての人へ」をコンセプトに開発されたフロント2輪の3輪ビークルです。

 カワサキはこれまで展示会や試乗会、クラウドファンディングでの販売、日本郵便株式会社への貸与・実証実験を行いノスリスの実用性などについて検証を重ねてきましたが、2022年5月18日に2023年春に発売すると発表。

 新たに登場したnoslisu カーゴ仕様は、「より大容量の荷物を積載したい」という多くの要望に応えるために開発されたモデルで、、車体中央に積載スペースを確保することで「noslisu 電動アシスト自転車仕様」「noslisu フル電動仕様」を上回る大容量の積載性を実現しています。

 なお、noslisu カーゴ仕様の特徴は以下のとおりです。

カワサキ「noslisu(ノスリス)電動アシスト自転車カーゴ仕様」
カワサキ「noslisu(ノスリス)電動アシスト自転車カーゴ仕様」

■「noslisu電動アシスト自転車カーゴ仕様」
・「noslisu カーゴ仕様」に適した新形状フレームと独自の前2輪操舵機構
「noslisu カーゴ仕様」は新形状フレームと、これまでの「noslisu」をベースにリンクを追加した独自の前2輪操舵機構を採用することで、大容量の積載スペースを確保しながら、2輪自転車に近いハンドリング特性を両立。パイプの太さやカラーリングにこだわり、機能美あふれるスタイルを追求することで、新しい世界観を持つ電動モビリティ。

・大容量積載スペースの実現
モーターサイクルの設計技術を活かし、荷物の積載に最適化したレイアウトを実現。120Lの積載スペースを装備。また、荷物を積載した状態でも安定感のある走行を可能にするために、ステアリング およびシートの位置を見直し、車体中央付近の低い位置に積載スペースを設定。