住友ゴム工業は、米国で開発したハイグリップタイヤ ダンロップ「SPORTMAX Q5」を、2022年7月1日から順次発売すると発表しました。

モーターサイクル用ハイグリップタイヤ

 住友ゴム工業は2022年7月1日より、米国で開発したハイグリップタイヤ ダンロップ「SPORTMAX Q5 (スポーツマックス キューファイブ)」を、順次発売すると発表しました。

ダンロップ「SPORTMAX Q5」
ダンロップ「SPORTMAX Q5」

 SPORTMAX Q5は、公道走行で必要とされるウォームアップ性やウエット性能を確保しつつ、レース用微粒子カーボンが採用されたコンパウンドや新プロファイルの採用により、米国で高い評価を受けた従来品「SPORTMAX Q4」からさらにサーキット性能(ドライグリップ)が強化されたハイグリップタイヤです。

「サーキットに生息するストリートタイヤ」をキャッチコピーに、スリックライクな見た目で、トレッドエッジ部分には商品ロゴを刻印。性能の向上だけではなく、デザインの細部にまでこだわった作りとなっています。

 レース開発で培った最新の技術が用いられ、補強材にカーボンを使用したコンパウンドを採用。従来品からカーボンブラックの含量を増加することでドライグリップ力が強化されたことに加え、通常の微粒子カーボンより粒子径が小さいレース用微粒子カーボンにより、ポリマーとの絡み付きが増え、発熱効率を向上させることでより優れたグリップ力が実現されました。

 さらに、ポリマーの変更や調整など独自の配合により、さらに柔軟なコンパウンドにすることで、ウォームアップ性も向上されています。

 また、センターの外径を大きくした新プロファイルの採用や剛性を低減することで、接地感を向上させ、安定したハンドリングとコーナリングを実現。独自のプロファイル設計IRP(インテュイティブ・レスポンス・プロファイル)によるプロファイルデザインは、トレッドのエッジに傾斜をつけ、アグレッシブな走行を可能としています。

軽快なハンドリングと安定したコーナリングを実現する構造
軽快なハンドリングと安定したコーナリングを実現する構造

 フロント構造はトレッド剛性を柔軟にする方向に最適化することで、従来品より接地感を向上。

 アラミドのコード層をクロスして重ねた2CUTベルト構造を採用し、素早い旋回レスポンスと高い旋回力が実現されています。

 リアはトレッドゴムを連続して巻き付けるJLT(ジョイントレス・トレッド構造)を採用。真円度を高めることでコーナリング時の高速安定性と高速ユニフォミティが向上されたことに加え、軽量なアラミドを素材とすることで、高い高速安定性と接地感が両立されました。

 また、ウエット性能を確保するトレッドパターンとして、従来品と比べてセンター近くまで溝が伸ばされたことで、トレッドセンターからバンクの中間域までの常用域で、排水効率も向上されています。

 発売サイズはフロント2サイズ、リア8サイズで、価格はオープン価格です。