BMW Motorradは、高性能スポーツモデルを手掛ける「BMW M社」の設立50周年を記念したモデル「M 1000 RR 50 Years M」の購入権申込オンライン受付を開始しました。日本市場では限定50台のみが販売されます。

サンパウロ・イエローで鮮烈なイメージに

 BMW Motorradは、高性能スポーツモデルを手掛ける「BMW M社」の設立50周年を記念したモデル「M 1000 RR 50 Years M」の購入権申込オンライン受付を開始しました。

BMW Motorrad「M 1000 RR 50 Years M」と「BMW 3.0 CSL Race Car」
BMW Motorrad「M 1000 RR 50 Years M」と「BMW 3.0 CSL Race Car」

 1972年に「BMW Motorsport GmbH」として設立されたBMW M社は、BMWのすべてのモータースポーツ活動をひとつにまとめ、モーターレース用の高性能レーシングカーとレーシングエンジンを作り上げるという理念のもと設立された企業で、現在は高性能スポーツモデル「M」シリーズなどを手掛けるBMWのグループ会社です。

 2018年末から、二輪車へM特別装備とMパフォーマンスパーツを提供してきたBMW M社は、2020年9月にS 1000 RRをベースにしたBMW Motorrad初のMモデル「M 1000 RR」を発表。

 BMW Motorrad「M 1000 RR 50 Years M」と「BMW 3.0 CSL Race Car」(左)、「BMW M1 Procar」(右)
BMW Motorrad「M 1000 RR 50 Years M」と「BMW 3.0 CSL Race Car」(左)、「BMW M1 Procar」(右)

 50周年を記念したM 1000 RR 50 Years Mでは以下のオプションが限定装備されています。

・M GPSラップトリガーインターフェイス
・パッセンジャ− キット
・ピリオン シ−トカバ−
・アルマイト加工済みスイングアーム
・Mエンデュランスチェーン
・Mカーボン·パッケージ:
クリアコートされたMフロント·フェンダー及びリア·フェンダー、Mサイドフェアリングアッパーセクション(左/右)、Mタンクカバー左右、Mチェーンガード、Mスプロケット·カバーを含みます。
・Mビレット·パッケージ:
Mエンジン·プロテクター、Mブレーキとクラッチレバー、Mブレーキ·レバー·ガード、Mフロント·フットレスト·システム、Mエンジン·プロテクターズ左右。

 なお、購入権申込オンライン受付期間は6月17日から7月3日で、価格(消費税10%込)は439万5000円となっています。