英国のバイクブランド「CCM Motorcycles」は新型モデル「Classic Tracker」を発表しました。どのような特徴を備えているのでしょうか。

美しい仕上がりの最新トラッカー

 英国のバイクブランド「CCM Motorcycles」は新型モデル「Classic Tracker」を発表しました。

CCM Motorcyclesの新型モデル「Classic Tracker」(ニュークラシックトラッカー)
CCM Motorcyclesの新型モデル「Classic Tracker」(ニュークラシックトラッカー)

 CCMはイギリスとヨーロッパのフラットトラック選手権に参戦し、マルコ・ベリ氏の指揮の下、両大会で優勝を飾っていますが、最新モデルであるClassic Trackerは、そうしたレースで活躍するマシンをモチーフにしたトラッカーモデルです。

  高品質な製品を手掛けることで知られたCCMは、2016年からスクランブラーモデル「SPITFIRE(スピットファイア)」シリーズを展開し、同型のエンジン・フレームを使用した派生モデルの拡充を図ってきましたが、同じく多くのコンポーネントを共有するClassic Trackerでは排気量600ccの水冷単気筒エンジンを搭載。

 最適なパフォーマンスを実現するために開発されたカーボンエンドキャップを備えたツインコニカルエキゾーストシステム、J Juan製の4ピストンラジアルブレーキキャリーパー、新型マルチファンクションLEDフロント&リアライト、スクランブラースタイルのミッドポジションハンドルバーなどを備えたうえで、145kgと軽量な車体に仕上げられています。

 ネイビーブルーのカラーリングとブラックのスポークホイール仕様のニュークラシックトラッカー、ブラッシュドアルミニウム仕上げとゴールドのリム仕様のインフィニティパッケージの2タイプがラインナップされたClassic Trackerの価格は1万695ポンド(約178万円)からとなっています。