『小野木里奈の○○○○○日和』は、アプリリアの原付二種モタード「SX125」に試乗します。前後17インチのホイールを装備したSX125の乗り味とは?

モタードタイプの乗り味とは?

 皆さん、こんにちは!小野木里奈です。今日は、アプリリアの「SX125」の試乗記でございます!前回の「RX125」に引き続き、同じアプリリアのバイクなのですが、アプリリアの中でも見た目がとても似ているバイクです。実際の乗り味などは果たしてどうなのでしょうか。それではいってみましょう!

アプリリアの原付二種モタード「SX125」に試乗します
アプリリアの原付二種モタード「SX125」に試乗します

 私が今回試乗した車体のカラーは、「シルバーエイリアン」。赤と青、そしてモノトーンを組み合わせています。正直、写真だと「RX125」とほとんど変わらないデザインです。配色もとても似ています。

左:RX125 /右:SX125
左:RX125 /右:SX125

「SX125」の全長は2075mmで、「RX125」の全長2145mmと比べて少し短めです。幅はどちらも820mmと同じ。特に違う箇所はホイール部分です。「SX125」は「RX125」のような表面がゴツゴツとしたオフロードタイヤではなく、オンロード用のタイヤ。そして、ホイールの大きさもこの「SX125」の方が小さめです。

 マフラーやハンドル、ミラーなどの形も「RX125」と同じ形で、スポーティーなオフロードバイクのような雰囲気を出しています。オフロードバイクの車体にオンロード用のタイヤを装備していることを、「モタード」と言います。この「SX125」はオフロードバイクではなく、モタードと呼ぶんだそうですよ。

シート高が880mmなので、身長160cmの私が跨ると両足はつきません
シート高が880mmなので、身長160cmの私が跨ると両足はつきません

 それでは、恒例の足つきチェックでございます!私(=身長160cm)が跨るとこんな感じです。両足は爪先立ちになりますが、前回試乗した「RX125」よりはシート高が低いのです。とは言いつつもシート高は880mmなので、身長160cm以下のライダーにとっては少々厳しいバイクかと感じます。ただ、車両重量は134kgなので、取り回しは1人でも難しくありません。それと、1人でも扱いやすいこの車重とバランスを利用し、発進するまで足で支えられるかは慣れが必要そうです。

「SX125」のシート高は880mm
「SX125」のシート高は880mm

 私の場合は、「SX125」の前にさらにシート高が高い「RX125」(シート高=905mm)を試乗したので、比較的支えやすく感じてしまいました (笑) 今回は、一気に足つき難易度が低くなったように思えたのです。

SX125に装備されているスタンドは、地面を離れると自動的に跳ね上がります
SX125に装備されているスタンドは、地面を離れると自動的に跳ね上がります

 注意していただきたいのは、装備されているスタンドです。車体を起こしてスタンドが地面から離れた瞬間、自動的に払われる仕様になっています。ちょっとでも動かして地面からスタンドが浮いた時には既にスタンドが払われてしまう状況になっているので、車体の取り回し時には注意してください。あとは降りる時も、自分でスタンドを下ろしているつもりでも、何かの拍子にスタンドが浮いて払っている状態になることがあり得るので、扱うときは最後まで気を抜かないようにしてくださいね。

手軽に乗れて初心者にも優しい1台

 それでは、いよいよ発進です!エンジンをかけると、原付二種とは思えないほどの元気なエンジン音!アクセルを回すたびにブルルルルルルッシューーーーと乾いたような力強い音が聞こえてきます。アクセルを回すと、反応は瞬間的というよりも徐々に加速していく感じです。そんなにスピードが出過ぎないところは、手軽に乗れて初心者にも優しい一面もあるように思えます。

コーナリングもキビキビ走り、無理に操作する必要もなく車体は扱いやすい
コーナリングもキビキビ走り、無理に操作する必要もなく車体は扱いやすい

 運転姿勢は、前傾すぎず、ニーグリップもしやすいシート周りで、座り心地も良い感じ。コーナリングもキビキビと走ってくれて車体を無理なく扱うことができます。上半身に無駄な力を入れないような、理想の運転姿勢を叶えてくれるので、やはりこういうバイクは運転のテクニックを上げてくれるような気がします。

乗っていて、「こんなにスポーティーに運転できるのに、原付二種なんだよなぁ」と、125ccクラスのバイクも侮れなくなりました。車体からの振動や元気のいいエンジン音からもそのことを同様に感じられます。

車高が高いおかげで、より視界を広い状態で運転できます
車高が高いおかげで、より視界を広い状態で運転できます

 また、シートが高いのは、足つきが悪くなるという難点もありますが、同時に目線の高さも上がるので乗った時の視界が広く見えるように思います。さらに、ハンドル周りがすっきりしているので、より視界を広い状態で運転できることは初心者ライダーにとっても安全性の上でありがたいですよね。

 まさか原付二種でこんなにスポーティーに走れる快感を味わえるだなんて思わなかったし、ナンバープレートを見なかったら見かけただけでは125ccとは気づかれないかもしれません。

SX125を走らせれば運転技術向上は間違いなし
SX125を走らせれば運転技術向上は間違いなし

 足つきは、低身長ライダーにとっては、扱う上で色々とハンデを感じるバイクではありますが、乗ってしまったら運転技術を上げるための練習になりそうです。オンロード用のタイヤもついているので、私は林道もいいけど都内の複雑な道や細道でも活躍しそうな予感。今回は見通しが良い場所での試乗でしたが、いつか都内で街乗りを味わってみたいと思います。

アプリリア「SX125」の価格(税抜)は、45万1000円です。