普段何気なく握っているバイクのハンドルですが、実はさまざまな形状があり、それぞれ特徴も異なります。いったい、どのようなタイプがあるのでしょうか。

バイク用ハンドルの種類を一挙解説!

 普段はあまり意識していないかもしれませんが、実はバイクのハンドルにはさまざまな形状があります。それらは目的に応じた形に工夫していくうちに、種類が増えていったのですが、どのような種類があるのでしょうか。

セパレートハンドル
セパレートハンドル

●セパレートハンドル 

 セパレートハンドルは、左右が分離した形状のハンドルです。形はメーカーにより若干差はありますが、基本的にはどれも似ており、略して「セパハン」と呼ばれることも。

 セパレートハンドルは、ハンドル位置を低くすることができるため、ライディングポジションは前傾気味。つまり、サーキットを走行するような、レーサータイプのバイクに適したハンドルといえます。

 ただ、ハンドルの切れ角が浅いため取り回しがしにくいことに加え、常に前傾姿勢であることから疲れやすいという点、長時間乗ると手のひらが痛くなるというデメリットを感じる人もいるでしょう。

バーハンドル
バーハンドル

●バーハンドル 

 バーハンドルは、その名の通り1本の棒からできているハンドルで、略して「バーハン」と呼ばれることもあります。

 比較的安価という特徴があり、さまざまな形状に加工できることから、非常に多くの種類があります。また、前述したセパレートハンドルとは異なり、タンクに干渉しないことからハンドルの切れ角も大きく、バイクの取り回しも容易です。
 
 加えて、ハンドル形状によって、前傾姿勢からゆったりとしたポジションまで、目的に応じて自由にライディングポジションを選ぶことが可能。

 例えば、長距離ツーリングが目的であれば、疲れにくいゆったりとしたライディングポジションを取れるバーハンドルを選ぶこともできます。その一方で、バーハンドルは構造上、セパレートハンドルほどハンドルのローダウンができません。したがって、サーキット走行をするようなレーサータイプのバイクには、不向きなハンドルでもあります。

 では、代表的なバーハンドルにはどういった種類があるのでしょうか。

コンチネンタルハンドル
コンチネンタルハンドル

●コンチネンタルハンドル

 コンチネンタルハンドルは、一般的なバイクのハンドルです。ネイキッドバイクなど、多くのバイクの純正ハンドルとして採用されている、もっともオーソドックスなタイプでもあります。

コンドルハンドル
コンドルハンドル

●コンドルハンドル

 セパレートハンドルを模した、バーハンドルです。コンチネンタルハンドルの取っ手を切断し、セパレートハンドルを溶接したような形状となっていて、ハンドルにでっぱりがあるのが特徴。

 コンドルハンドルを使用すると、ライディングポジションは比較的前傾姿勢になりますが、構造上、セパレートハンドルほどハンドル位置を低くすることはできません。なお、コンドルハンドルは、カフェレーサータイプのバイク多く採用されています。

スワローハンドル
スワローハンドル

●スワローハンドル

 スワローハンドルは、前述のコンドルハンドルと形状が似ていますが、コンドルハンドルにある突出部分がありません。コンドルハンドルと同様、カフェレーサータイプのバイクに採用されることが多いハンドルです。

アップハンドル
アップハンドル

●アップハンドル

 グリップの位置が高いハンドルであるアップハンドルは、長距離ツーリングでも疲れにくいような、身体を起こしたライディングポジションを取ることができます。アメリカンタイプのバイクに採用される傾向があるようです。

ストレートハンドル
ストレートハンドル

●ストレートハンドル

 その名の通り、曲がりのないまっすぐなハンドルです。純正ハンドルとしてはあまり採用されていませんが、カスタムの世界では非常に人気があります。

 ストレートハンドルに変えると、さらに無骨なイメージに変わることから、例えばホンダの「レブル」など、クルーザータイプのバイクのハンドルを、ストレートハンドルに交換する人が増えています。

※ ※ ※

 バイクのハンドルを扱っている社外メーカーは国内外に数多くあり、代表的なメーカーでいうと、ハリケーンやプロト、POSHやバイクパーツセンターなどの名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 ハンドルを変えれば見た目だけでなく、ライディングポジションも変わり、バイクの乗り心地も変化します。カスタムの第一歩として、ハンドルの交換をしてみてはいかがでしょうか。