ホンダのグループ会社「Sundiro Honda」と「無印良品」はコラボレーションして生まれた新型の電動アシスト自転車「素-MS01」を中国市場で発売しました。どのような特徴を備えているのでしょうか。

シンプル・クリーンな最新電動バイク

 ホンダのグループ会社「Sundiro Honda」と「無印良品」はコラボレーションして生まれた新型の電動アシスト自転車「素-MS01」を中国市場で発売しました。

ホンダと無印良品がコラボして製作したペダル付き電動アシスト自転車「素-MS01」
ホンダと無印良品がコラボして製作したペダル付き電動アシスト自転車「素-MS01」

 無印良品の「シンプル、ナチュラル、ジャストフィット」というコンセプトに基づいて設計された素-MS01は、同ブランドの「H型自転車」をベースにデザインした電動アシスト自転車です。

 400Wのモーターと48Vのバッテリーを搭載する素-MS01では、最高速度を時速15マイル(約15km/h)に設定し、1回の充電で約40マイル(約64km)の走行が可能となっています。

 中国市場における素-MS01の価格は4980元(約10万円)となっています。