ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパンは、日本で発売予定の2023年型エンデューロモデル計6機種を発表しました。2022年8月より順次発売予定です。

日本への導入は計6機種

 ハスクバーナ・モーターサイクルズ・ジャパンは、日本で発売予定の2023年型エンデューロモデル計6機種を発表しました。2ストロークエンジン、および4ストロークエンジンを搭載するマシンがそれぞれ3機種ずつ、2022年8月より順次発売される予定です。

ハスクバーナ「TE 150」(2023年型)2ストロークモデル
ハスクバーナ「TE 150」(2023年型)2ストロークモデル

 2023年型ではグラフィックが一新され、これまでのブルーとホワイトを基調にエレクトリックイエローがアクセントとなり、フレームには新たにメタリックブルーを採用しています。

 日本へ導入される機種は、2ストロークモデルが「TE 150」、「TE 250」、「TE 300」の3機種、4ストロークモデルが「FE 250」、「FE 350」、「FE 501」の3機種です。

 いずれも前後にWP製サスペンションを採用し、ミシュラン製エンデューロタイヤを標準装備。サブフレームはカーボンファイバーコンポジットにより重量はわずか1kg強、ギアボックスにはエンデューロ専用レシオのPankle Racing Systems製6速を装備しています。

ハスクバーナ「FE 250」(2023年型)4ストロークモデル
ハスクバーナ「FE 250」(2023年型)4ストロークモデル

 国内への導入が発表されたハスクバーナ2023年型エンデューロモデル、計6機種の価格(消費税10%込み)や主要諸元は次の通りです。

■2ストロークモデル

「TE 150」
価格:122万円(2022年8月発売予定)
エンジン形式:水冷2ストローク単気筒
総排気量:143.99cc
始動方式:セル/キック
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):約99.6kg

「TE 250」
価格:133万1000円(2022年8月発売予定)
エンジン形式:水冷2ストローク単気筒
総排気量:249cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):約106.2kg

「TE 300」
価格:141万9000円(2022年9月発売予定)
エンジン形式:水冷2ストローク単気筒
総排気量:293.2cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):約106.4kg

■4ストロークモデル

「FE 250」
価格:140万4000円(2022年9月発売予定)
エンジン形式:水冷4ストローク単気筒DOHC
総排気量:249.9cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):106.0kg

「FE 350」
価格:148万7000円(2022年8月発売予定)
エンジン形式:水冷4ストローク単気筒DOHC
総排気量:349.7cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):106.8kg

「FE 501」
価格:169万5000円(2022年8月発売予定)
エンジン形式:水冷4ストローク単気筒SOHC
総排気量:510.9cc
始動方式:セル
タイヤサイズ(F):90/90-21
タイヤサイズ(R):140/80-18
車両重量(半乾燥):108.4kg

※保証期間は1カ月です。
※主要諸元の値はEU仕様のものです。日本仕様では値が異なる場合があります。