全国有数の「うどん県」でもある埼玉県には、うどんを温かい肉汁につけて食べる文化があります。関越自動車道「高坂SA」でも、そんな埼玉県ならではのメニューを発見しました。

埼玉名物「肉汁うどん」は、スタミナ系ご当地グルメ

 全国有数の「うどん県」でもある埼玉県には、うどんを温かい肉汁につけて食べる文化があります。関越自動車道「高坂SA」でも、そんな埼玉県ならではのメニューを発見しました。

関越道「高坂SA」(上り)で食した「肉汁うどん」(850円)。ツルツルでコシのある太いうどんを、温かい甘めの肉汁につけて食べる「武蔵野うどん」。冷たい麺と温かい汁の組み合わせが絶妙
関越道「高坂SA」(上り)で食した「肉汁うどん」(850円)。ツルツルでコシのある太いうどんを、温かい甘めの肉汁につけて食べる「武蔵野うどん」。冷たい麺と温かい汁の組み合わせが絶妙

「高坂SA」は、上り側(東京方面)の施設と下り側(新潟方面)の施設が階段で行き来できるので、どちらか好きな方のフードコートで食事を楽しむことができます。今回は上り側の施設で食事しました。

 建物内を覗いてみると、とんかつ専門店「かつや」やラーメン専門店「らあめん花月嵐」などの大手チェーン店もあります。どちらも好物なので少し心が揺らぎましたが、「秩父名物豚の味噌漬丼」の看板が目につきました。「●●名物」といった表現に弱いうえに、そのメニュー名から想像しただけでヨダレが出そうです。

 ほかにも「川越小江戸黒豚のとろける角煮丼」や「川越小江戸黒豚醤油ラーメン」など、とにかく豚肉攻めでタジタジです……。しかしどれも1000円超えで、SAやPA飯としては高級品です。

 そんな中「埼玉名物肉汁うどん」(850円)を見つけ、これに決定! 看板に書かれている通り、ネギと豚肉がたっぷり入った甘めの肉汁にコシのある武蔵野うどんをつけて食べます。やはりここでも準主役は豚肉。武蔵野うどんは食べ応えも抜群です。埼玉県の街道沿いにも武蔵のうどんのお店は多くあり、手打ち風の不規則な麺が多いところ、ここでは流石に機械で製麺されているのか均等な太さの麺でした。

上り/下りともに2輪専用の駐車スペースが確保されている
上り/下りともに2輪専用の駐車スペースが確保されている

 武蔵野うどんをよく食す身としては、麺のコシ、ボリュームともに及第点かな、というのが正直なところ。それから、もう少し麺が多ければ文句なしでした。

 お土産には京たこのたこ焼きを購入して帰りました。次回立ち寄った際は、少し奮発して「肉の味噌漬丼」にチャレンジしてみたいと思います。