BMW motorradは、日本において普通自動二輪免許で運転できる「G310」シリーズの最新モデル「G310RR」をインド市場で発売しました。どのような特徴を備えているのでしょうか。

「G310」シリーズ最新モデルはフルカウル

 BMW motorradは、日本において普通自動二輪免許で運転できる「G310」シリーズの最新モデル「G310RR」をインド市場で発売しました。

BMW Motorrad「G310RR」
BMW Motorrad「G310RR」

 BMW MotorradがラインナップするG310シリーズは、インドのTVS MotorCompanyと共同開発したシリーズで、現在はロードスポーツの「G310R」とアドベンチャースタイルの「G310GS」の2機種がラインナップされています。

BMW Motorrad「G310RR」
BMW Motorrad「G310RR」

 シリーズ3機種目として登場したG310RRは、BMW Motorradのスポーツモデルの頂点となる「S1000RR」のDNAを受け継ぐモデルで、フルフェアリングやRRのブランド・グラフィックなど、スポーティな外観を採用。

 フェアリングには軽量な素材を用いることで、俊敏で正確なハンドリングを実現しています。

 また、ゴールドの倒立フロントフォーク、アルミニウム製スイングアームなど、ハイエンドなディテールを新たに採用したG310RRでは、最高出力25kW/9700rpm、最大トルク27.3nm/7700rpmを発揮する水冷単気筒4ストローク313ccエンジンを搭載。

 高速走行時でも滑りがなく、正確なシフトチェンジと発進が可能な6速トランスミッション、エンジンブレーキを軽減し、ダウンシフトを伴うブレーキ操作時のライディングセーフティを大幅に向上させるアンチホッピングクラッチ、Track、Urban、Rain、Sportの4つの走行モードも標準装備されています。

 そのほか、新開発の多機能5インチTFTディスプレイを採用したG310RRは、ブラック・ストーム・メタリックと、スタイル・スポーツ(ライト・ホワイト・ユニ、レーシング・ブルー・メタリック、レーシング・レッド・ユニ)の2色展開で、インド・ホスールにあるTVS Motor Companyで生産されます。