原付二種は、使い勝手や燃費など、コストパフォーマンスの良さが注目を集め、昨今人気が高まっています。免許を取得して初めて所有するバイクとしてもおススメの原付二種ですが、現行の国産モデルではどんなラインナップがあるのでしょうか。

原付二種免許を取得すると、どんなバイクに乗れる?

 まず、原付一種は50cc以下のバイク、原付二種は排気量が50cc以上125cc以下のバイクを指します。

 目の前を走っているバイクが原付二種であるかどうかは、ナンバープレートの色で判別可能。排気量が50cc以上90cc以下のバイクは黄色、90cc以上125cc以下のバイクはピンク色のナンバープレートが装着されています。なお、原付二種モデルは普通二輪と同様に法定速度は60km/hで、二段階右折も不要。免許取得後1年以上が経過すれば、タンデム走行も可能となるなど、原付一種とは多くの点が異なります。

 ちなみに、原付二種を運転するには「小型限定普通二輪免許」が必要なので要注意。これは、排気量125cc以下のバイクが運転可能な免許です。また、一口に小型限定普通二輪免許といっても、左手によるクラッチ操作のないモデルのみ運転できる「AT限定」に加え、手動式クラッチ付きミッション車とスクーターの両方が運転可能な「限定なし」の2種類が設定されています。

 そんな原付二種には、一体どんなモデルがラインナップされているのでしょうか。

ホンダの原付2種モデル「CT125ハンターカブ」
ホンダの原付2種モデル「CT125ハンターカブ」

 まず、ホンダでは「スーパーカブ110」や「スーパーカブC125」、「クロスカブ110」や「CT125ハンターカブ」といった、人気の「カブ」シリーズが数多くラインナップされています。

 その他にも「モンキー125」や「CB125R」に加え、昔の人気モデルを125ccとして復活させた「ダックス125」もラインナップ予定。なお、ダックス125は昨今の世情が原因で、現在発売が延期となっています。

ヤマハの原付2種モデル「NMAX」
ヤマハの原付2種モデル「NMAX」

 ヤマハは、「NMAX」や「シグナス グリファス」、「アクシスZ」などをラインナップ。さらに「トリシティ125」といった三輪バイクも設定されており、三輪バイクは二輪タイプよりも安定感に優れているため、走行時の安定感を重視したい人にはおススメです。

 そして、スズキからは現在「GSX-R125 ABS」と「GSX-S125 ABS」、「アドレス110」の3車種が販売されています。

 以前はもっと多くの原付二種がラインナップされていましたが、2016年の排ガス規制等によって生産を終了。

 カワサキも、現在販売されている原付二種には「Z125PRO」のみ。スポーツバイクを彷彿させるスタイリッシュなデザインとは裏腹に、街乗りやツーリングなど、幅広いシーンでの活躍が期待できる一台です。