USヨシムラは、ホンダ「グロム」用のグラフィックキットを発売しました。どのようなコンセプトで製作されたのでしょうか。

アシンメトリーなデザインで遊び心を強調

USヨシムラは、ホンダ「グロム」用のグラフィックキット「P7 TLD」を発売しました。

USヨシムラのグラフィックキット「P7 TLD」を装着したホンダ「グロム」
USヨシムラのグラフィックキット「P7 TLD」を装着したホンダ「グロム」

 米国・カリフォルニアに拠点を置くアパレル・カスタムペイント会社「トロイ・リー・デザインズ」によりデザインされたP7 TLDは、ヨシムラが製作し、2022年7月にMotoAmericaのラグナセカでデビューさせたヤマハ「YZF-R7」レース用バイクのイメージを落とし込んだグラフィックキットです。

 他のグラフィックキットと同様、P7 TLDは、ヨシムラ独自のテンプレートでデザインされたグロム用の19種類のデカールが含まれたもので、貼り付けることで左右でまったく異なる表情を与えることが可能となっています。

USヨシムラのグラフィックキット「P7 TLD」を装着したホンダ「グロム」(右)と同社が手掛けたヤマハ「YZF-R7」レース用バイク(左)
USヨシムラのグラフィックキット「P7 TLD」を装着したホンダ「グロム」(右)と同社が手掛けたヤマハ「YZF-R7」レース用バイク(左)

 高品質な素材を使用することで容易に装着できるグラフィックキット「P7 TLD」の価格は149ドル(日本円で約2万400円)となっています。