中国のバイクブランド「CFMoto」は、700 CL-Xシリーズの最新モデル「700CL-X ADV」を公開しました。どのようなモデルなのでしょうか。

スクランブラーとアドベンチャーモデルの要素を融合

 中国のバイクブランド「CFMoto」は、700 CL-Xシリーズの最新モデル「700CL-X ADV」を公開しました。

CFMotoの最新モデル「700CL-X ADV」
CFMotoの最新モデル「700CL-X ADV」

 ネオレトロモデル「700CL-X Heritage」、カフェレーサーモデル「700CL-X Sport」に続くシリーズ3モデル目として登場した700CL-X ADVは、デュアルスポーツタイヤや背の高いウィンドスクリーン、長めのサスペンションを備えたモデルです。

 スクランブラーとアドベンチャーバイクの要素を融合させた700CL-X ADVでは、他の700CL-Xシリーズと同じく排気量693ccの並列2気筒水冷エンジンを搭載。

左からCFMoto「700CL-X Heritage」、「700CL-X Sport」
左からCFMoto「700CL-X Heritage」、「700CL-X Sport」

 XパターンのLEDヘッドライトやレトロな車体など、CL-Xの特徴的なスタイリングを受け継いだほか、クルーズコントロール、セルフキャンセル式ターンシグナル、ストリートとオフロードのライディングモードが標準装備されています。

 近年では米国市場にも進出しているCFMoto。今後の新型モデルにも注目したいところです。