イギリスのバイクブランド「Arc」は、最先端の技術を注ぎ込むことで高い走行性能と長い渡航距離を実現した電動バイク「Vector(ヴェクター)」のテストを元MotoGPライダーのジェームス・エリソン氏と共に行いました。

高級電動バイクをMotoGPライダーがテスト

 イギリスのバイクブランド「Arc」は、最先端の技術を注ぎ込むことで高い走行性能と長い渡航距離を実現した電動バイク「Vector(ヴェクター)」のテストを元MotoGPライダーのジェームス・エリソン氏と共に行いました。

高級電動バイクArc「Vector」テスト走行の様子
高級電動バイクArc「Vector」テスト走行の様子

2018年にイタリアで開催されたバイクの見本市「EICMA2018」で発表されたヴェクターは、カーボン製モノコックフレームやホイールのハブ内部にステアリング機能を備えた“ハブセンター・ステアリング”、オーリンズ製サスペンションなどで構成されたモデルで、0-100km加速3.2秒、最高速は時速200km、40分の充電で436kmの航続を可能にしています。

高級電動バイクArc「Vector」テスト走行を行った元MotoGPライダーのジェームス・エリソン氏
高級電動バイクArc「Vector」テスト走行を行った元MotoGPライダーのジェームス・エリソン氏

 2006年ヤマハに加入し、テック3ヤマハチームからC・エドワーズ氏のチームメイトとしてMotoGPにYZR-M1で参戦したジェームス・エリソン氏は、Arcの創業者兼CEOであるマーク・トルーマン氏、オーリンズの特別チームと一緒にサーキットを2日間にかけて走行しましたが、テストを終え次のようにコメントしています。

「マシンがコーナーを駆け上がっていく様子は、信じられないほどです。Vectorは、今まで乗ってきたどのマシンとも違っていて、とても魅力的です。このバイクは、急角度のステアリングで、まるでもっと小さなバイクのように方向転換するんだ。つまり、ほとんど力を入れずにバイクを左右に振ることができるのです」。

※ ※ ※

 市販されている既存の電動バイクの中でもトップクラスの航続距離を達成しているArc「Vector」。今後どのような進化を遂げていくのか注目したいところです。