ヤマハは「R15M/MT-15/Aerox/RayZR」の特別仕様車「MotoGP Edition」をインド市場で発表しました。

MotoGPマシン譲りの

 ヤマハは「R15M/MT-15/Aerox/RayZR」の特別仕様車「MotoGP Edition」をインド市場で発表しました。

ヤマハがインド市場で発表したR15M/MT-15/Aerox/RayZR」の特別仕様車「MotoGP Edition」
ヤマハがインド市場で発表したR15M/MT-15/Aerox/RayZR」の特別仕様車「MotoGP Edition」

 ヤマハがインドに導入するR15M、ならびにMT-15は最高出力18.1ps、最大トルク9.9ft-lbsを発揮する排気量155ccの水冷エンジンを搭載したスポーツモデルです。

 また、排気量155ccの単気筒水冷エンジンを搭載するAerox、排気量125ccの空冷エンジンを積むRayZRは、スポーティな外観を採用したスクーターモデルです。

 インド市場に登場したMotoGP Editionは、ヤマハがMotoGPで仕様してるYZR-M1のMonster Energy Yamaha MotoGP仕様車をイメージしたもので、R15M、MT-15ではブラックペイントに専用のデカールを装着。

 カウル、サイドパネル、フューエルタンクシュラウド、フューエルタンクにモンスターエナジーのロゴが施されています。

 同様に、Aerox、RayZRでもブラックのペイントにモンスターエナジーのデカールを備えることでYZR-M1の世界観が再現されています。