スズキが2023年9月28日に、モトクロッサー(モトクロス競技車両)の4ストローク249㎝3モデル「RM-Z250」と、4ストローク449㎝3モデル「RM-Z450」の2023年モデルを発売すると発表しました。

コンセプトはThe Winning Balance

 RM-Z250のコンセプトは、The Winning Balance 。「走る、曲がる、止まる」の高次元でのバランスを目指して開発されました。

 新型モデルのエンジンは、吸気ポート形状の見直しやシリンダーヘッドの変更により出力を向上。ツインインジェクターの採用に加え、エキゾーストシステムにも改良が加えられました。

 さらに、スズキホールショットアシストコントロール(S-HAC)も装備されたことで、待機中のエンジン回転数にリミッターが働き、スタート前のライダーを強力にアシストします。

スズキの4ストローク249㎝3モデル「RM-Z250」
スズキの4ストローク249㎝3モデル「RM-Z250」

 フレームは、スイングアーム、フロントフォーク、エンジン搭載位置が最適化されたことで、優れたコーナリング性能を実現。

 サスペンションにはKYB製のコイルスプリングフロントサスペンションが採用され、路面追従性やメンテナンス性に貢献。リヤサスペンションには軽量なスプリングが採用され、優れた吸収性とコントロール性が重視されたことで、ライダーの疲労を低減します。

 そしてデザインには、スズキ独自のクチバシをイメージさせる「BEAK DNA」を継承。フロントフェンダーからラジエーターシェラウドまでがつながるダイナミックなラインには、マシンが持つシャープさや速さが表現されています。

 新型RM-Z250の価格(消費税込 以下同様)は77万5500円。チャンピオンイエロー№2の1色展開です。

「曲がる」性能の強化に重点を置いて開発

 新型RM-Z450の主な特長は、エンジンの変更。吸気システムである、エアクリーナーボックスの大きなエアフィルター開口部とアウトレットチューブの形状を直線的にすることで、優れた吸気効率に貢献します。

スズキの4ストローク449㎝3モデル「RM-Z450」
スズキの4ストローク449㎝3モデル「RM-Z450」

 また、スズキホールショットアシストコントロールを新たに採用。同システムは、スタート状況に応じたモードスイッチの選択により、ホールショット獲得及びスタート後のトップ走行を狙いとした機構です。

 フレームは、「走る・曲がる・止まる」の基本性能を高めるべく開発され、特に「曲がる」性能の強化に重点をおいて開発されたアルミフレームとスイングアームが採用されました。

 フロントサスペンションにはコイルスプリング、リヤサスペンションにはバランスフリーリヤクッション(SHOWA BFRC)が採用されたことで、ピストンの上下圧力バランスを的確に調整することが可能となっています。

 デザインは新型RM-Z250と同じく、スズキ独自のクチバシをイメージさせる「BEAK DNA」を継承。フロントフェンダーからシェラウドにつながるダイナミックなラインによって、マシンが持つシャープさや速さが表現されています。

 新型RM-Z450の価格は92万4000円。こちらも同じくチャンピオンイエロー№2の1色展開です。