様々な海外メーカーの車両を輸入・販売するモータリスト合同会社は、2種類のオリジナル電動キックスケーター(キックボード)「ECS-01/ECS-02」を発売します。どのような特徴を備えているのでしょうか。

スタイリッシュな最新キックスケーター

 様々な海外メーカーの車両を輸入・販売するモータリスト合同会社は、2種類のオリジナル電動キックスケーター(キックボード)「ECS-01/ECS-02」を2022年9月10日に発売します。

モータリストの最新電動キックスケーター「ECS-01」
モータリストの最新電動キックスケーター「ECS-01」

 モータリスト合同会社は、これまでイタリアのファンティック・モーター社(Fantic Motor Spa)製の前後二輪駆動モデル「TX2」(公道走行不可)を導入してきましたが、「電動コミューターシリーズ」のラインナップに加わったECS-01/ECS-02は、ユーザーからの「公道走行できるモデルを手に入れたい」という要望に応えるために用意された車両です。

 大径10インチホイールにファットタイヤを組み合わせ、剛性の高いフレームで安定感を演出したECS-01は、小径ホイールが不得手とする砂利道などの状況でも難なくこなし、フロントサスペンションの効果により、道路の継ぎ目のようなギャップにも比較的強い乗り味を実現。

 大容量のバッテリーを搭載することで最大35km程度の距離を走行することが可能です。

モータリストの最新電動キックスケーター「ECS-02」
モータリストの最新電動キックスケーター「ECS-02」

 また、キックスケーターで一般的な8.5インチノーパンクタイヤを装備したECS-02は、リアサスペンションとリアディスクブレーキを装備したモデルで、保安部品を完全に装備し、第一種原動機付自転車として登録ができるモデルの中では、圧倒的な高品質でありながらも低価格を実現。

 36V270Whのバッテリーを搭載し、最大走行距離30km程度を達成します。

 街中に溶け込むスタイリッシュなデザインのECS-01の価格(消費税10%込)は14万3000円、ECS-02の価格は9万9000円となっています。