アジと言えばアジフライ! というライダーのために、美味しいアジフライをいただけるお店を紹介します。神奈川県平塚市の「湘南平展望レストランFlat(ふらっと)」を訪れました。

気分はデート? カフェ風メニューにアジフライが!?

 美味しいアジフライを求めて走る旅、夏(取材は8月)と言えば湘南でしょ! と、やってきたのは神奈川県平塚市です。湘南と言っても海からちょっと離れた場所へホンダ「XR250」で走ってきた筆者(増井貴光)です。

気持ちの良い景色と地元食材の美味しいランチ、両方が一度に楽しめる「湘南平展望レストランFlat(ふらっと)」
気持ちの良い景色と地元食材の美味しいランチ、両方が一度に楽しめる「湘南平展望レストランFlat(ふらっと)」

 ちょっとしたワインディングを駆け上がって到着したのは、神奈川県随一の夜景の名所、定番のデートスポットでもある「湘南平」です。ということで筆者もバイク女子と待ち合わせ、もちろん取材ですが……。

 バイクを公園の専用駐車スペースに停めると、ハーレーのスポーツスターに乗った取材相手のWさんもやってきました。今回の取材は、本業のカメラマンだけでなくライターも兼ねているので、まずは話を伺うことにしました。

 地元のWさんに話が聞ける場所を尋ねると、展望台の2階にレストランがあるということで、昼時だしランチがてらちょうど良いね、と駐車場から移動します。

湘南平の駐車場には、バイク専用の駐車スペースもあるので大型バイクでも安心して停められる
湘南平の駐車場には、バイク専用の駐車スペースもあるので大型バイクでも安心して停められる

 階段を昇って「湘南平展望レストランFlat(ふらっと)」の前に着くと、メニューが貼ってあります。カフェっぽいメニューですが、よく見るとアジフライがあるではないですか!!

 メインを「地あじフライ&やまと豚ロースト」、もしくは「三崎まぐろカツ&やまと豚ロースト」から選べる「湘南サーフ&ターフランチ」は、スープ、ドリンク、デザート付き。また、「地あじフライ」のランチもあります。さらにバーガーセットには「地あじフライバーガー」もあります。これは期待できそうです。

 店内に入って、まずレジで料理をオーダーします。「湘南サーフ&ターフランチ」にしようか悩みましたが、やはりここは、基本に忠実に「地あじフライ」をお願いします。Wさんも同じメニューをオーダーし、窓際の席へ座りました。

 展望レストランだけあって、窓からは三浦半島から伊豆半島まで、相模湾が一望できます。席によっては富士山も見えそうです。そんな店内でWさんからお話を聞いていると、料理が出来上がってきました。

「湘南平展望レストランFlat」の「Flat Lunch 地あじフライ」。「カフェ飯」風でサラダやピクルス、スープがセット
「湘南平展望レストランFlat」の「Flat Lunch 地あじフライ」。「カフェ飯」風でサラダやピクルス、スープがセット

「Flat Lunch 地あじフライ」のアジフライは、大きめのアジを半身づつ揚げています。揚げ色は濃いめ、衣はサクサク食感で良い揚げ具合です。そして地物、相模湾のアジは、大きく厚みがあります。味も濃厚。下味が適度についているのでそのまま、もしくはレモンを絞ったくらいでも美味しくいただけます。最初からかかっているソースとの相性も良いです。

 付け合わせはキャベツの千切りではなく、サラダにナスとピクルスの小鉢。定食屋などと比べると少なめの量は女性向けだからでしょう。みそ汁ではなくミネストローネ、ご飯は雑穀米でした。

 観光地のカフェ風メニューですが、どれもとても美味しいです。筆者的にはアジフライが2尾だと嬉しいかも。「地あじフライバーガー」を追加しようかとも思いましたが、取材もあるので遠慮してしまいました。

この日は天気が良かったこともあって富士山もバッチリ見えた。伊豆半島から三浦半島、大島なども良く見える
この日は天気が良かったこともあって富士山もバッチリ見えた。伊豆半島から三浦半島、大島なども良く見える

 Wさんも食べ終わり、話も聞けたのでお店を後にします。地元のWさんから「せっかく湘南平に来たのだから展望台に行きましょう」と言われて階段を昇ります。

 最上階まで行くと、天気が良かったこともあって絶景です。西には富士山、相模湾は伊豆半島の先の方から三浦半島まで見えます。レストランからの展望も良いですが更に上にある展望台からの景色は最高です。

 あまりの気持ち良さに、仕事を忘れてデートしている気分になってしまいました。このまま休み気分でいたいところですが、大人なので真面目に撮影をします。

 ここ湘南平は、軽くツーリングしてランチもできる、お手軽スポットでした。次回は仕事抜きのデートで来ようと、心に誓う筆者でした。