圏央道「菖蒲(しょうぶ)PA」は、埼玉県久喜市菖蒲町にある、内回り・外回り共通の施設です。バイクで立ち寄り、フードコートで豊富なメニューの中から「三元豚カツカレー」をチョイスしました。

三元豚を使った、ボリューム満点カツカレー!

 圏央道「菖蒲(しょうぶ)PA」は、埼玉県久喜市菖蒲町にある内回りと外回りが共通になっている施設です。バイクで立ち寄り、空腹を満たすべくフードコートへ向かいました。

圏央道「菖蒲PA」の「三元豚カツカレー」(880円)
圏央道「菖蒲PA」の「三元豚カツカレー」(880円)

 種類が豊富なメニューを見ると、埼玉県で人気のつけ麺店「ガンジャラーメン」が出店していたり、埼玉県のご当地メニュー「肉汁うどん」など、なかなかボリュームのある料理が充実しています。そんな中から「三元豚カツカレー」(880円)をオーダーしました。

 スーパーでもよく見かける三元豚(さんげんとん)は、3種類の品種を掛け合わせた豚のことで、良質で美味しい豚肉をリーズナブルに、安定供給できるよう長年かけて生み出されました。

 三元豚を使ったメニューは他にも「三元豚 菖蒲deカツ定食」や「三元豚ソースヒレかつ丼」(いずれも880円)などがありました。

 出来上がってきたカツカレーはボリューム満点。主役であるカツの断面を見ると、ほんのりピンクがかった色をしています。味の方は期待を裏切らず、しつこさも無くまろやかです。カレーもちょうど良い辛さ。好みで少しウスターソースをかけても美味しいかもしれません。

2輪専用の駐車スペースもしっかりと確保されている
2輪専用の駐車スペースもしっかりと確保されている

 食後にショッピングコーナーを覗くと、なかなかの充実ぶりです。とくに『AMEKAZE』という、福島県郡山市の食のセレクトショップコーナーでは、食べるラー油やごま油などが積み重ねられ、その陳列は圧巻でした。他にも調味料やお菓子などが豊富にあり、ショッピングも楽しめます。季節によっては梨や花も売られているようです。