カワサキ・ヨーロッパは原付二種スポーツモデル「Z125」「Ninja125」の2023年モデルを公開しました。新型モデルでは新しいカラーリングが採用されています。

「初めての二輪車」としても最適な一台

 カワサキ・ヨーロッパは原付二種スポーツモデル「Z125」「Ninja125」の2023年モデルを公開しました。

カワサキ「Ninja 125」(左)と「Z125」(右)
カワサキ「Ninja 125」(左)と「Z125」(右)

 排気量125ccでありながら、250ccクラス以上のモデルと同等の車体サイズ(フルサイズ)が与えられたZ125/Ninja125は、ZシリーズやNinjaシリーズの大排気量モデル譲りのスタイリングとエンジニアリングを受け継ぐ小排気量スポーツです。

 導入国においてはバイク初心者を含む、幅広いバイク愛好家にとって理想的な「最初の一台」として認識されているZ125/Ninja125では、スーパーチャージドエンジンを搭載したZやNinjaと同様のチューブラー・トレリスタイプのシャーシ構造を採用し、エントリーライダーが求めるスタイル、エンジニアリング、耐久性の理想的なバランスを実現。

 最高出力15PSを発揮する排気量125ccの単気筒エンジンと6速ミッションは使い勝手に優れた仕様とされています。

 Z125においてはキャンディライムグリーン/メタリックスパークブラック、パールストームグレー、Ninja125においてはライムグリーン/エボニーのカラーリングを採用したほか、ライダーの体格や好みに合わせて、付属のシートパッドを交換することでシート高を変更できるエルゴフィットシステムも採用するZ125/Ninja125。日本でも人気の高い原付二種クラスのモデルだけに日本導入にも期待したいところです。