1921年の創業から現存するイタリア最古参のバイクメーカー「MOTO GUZZI(モト・グッツィ)」は、特別仕様車「V7 Stone Special Edition」を発表しました。

特別なカラーリングと装備で、より「筋肉質」な雰囲気に

 1921年の創業から現存するイタリア最古参のバイクメーカー「MOTO GUZZI(モト・グッツィ)」は、特別仕様車「V7 Stone Special Edition(ブイセブン・ストーン・スペシャルエディション)」を発表しました。

モト・グッツィの特別仕様車「V7 Stone Special Edition」
モト・グッツィの特別仕様車「V7 Stone Special Edition」

 現行クラシックモデル「V7ストーン」をベースに、外観はマットな色調を排除し、シャイニングブラックの特別カラー、リアショックスプリングやサドルのステッチ、「V7」ロゴには赤を採用し、新型アローエグゾースト、バーエンドミラーなどによって個性を際立たせています。

 また、ブラックアルマイト仕上げの燃料キャップとスロットルボディ、グラファイトカラーのヘッドカバーが装備され、ハンドルクランプには特別仕様車であることを示すプレートが取り付けられています。

「V7」シリーズは、その起源を1967年とするモト・グッツィのラインナップでも最も基幹とされるモデルです。最新世代では排気量853.4ccの縦置き空冷90度V型2気筒OHV2バルブエンジンを搭載し、先進的な装備で現代版に進化しています。

 より「筋肉質」な外観となり、まるでカスタムバイクのような雰囲気を持つ「V7ストーン・スペシャルエディション」の、日本への導入にも期待がかかります。