ヤマハはキッズ向けファンバイク「PW50」の2023年モデルを発売します。新型モデルでは上級オフロードレーサー「YZシリーズ」の2023年モデルと共通コンセプトの最新カラー&グラフィックが採用されています。

1980年デビューの長寿モデル

 ヤマハはキッズ向けファンバイク「PW50」の2023年モデルを発売します。

ヤマハ「PW50」2023年モデル
ヤマハ「PW50」2023年モデル

 1980年の夏に米国でのディーラーショーでデビューした「PW50」は、体重25kg以下の子供むけのオフロード入門モデルです。

 排気量49ccの空冷2ストローク単気筒エンジンを搭載するPW50は、車両重量41kgと軽量で、始動はシンプルなキック式を採用。燃料タンク容量は2Lという仕様になっています。

 新型となる2023年モデルでは上級オフロードレーサー「YZシリーズ」の2023年モデルとのリレーションを図ったヤマハブルーに異なる色域のブルーを組み合わせたカラーリングと、ホリゾンタル・ムーブメントのグラフィックを採用。

 従来モデル同様、スロットルを回すだけの簡単操作で走るオートマチックエンジン、チェーンではなくシャフトドライブを採用することで、子どもへの安全面も考慮されています。

 エンジンパワーを制限できるパワーリダクションプレートも装備された「PW50」2023年モデルの価格(消費税10%込み)は22万円となっています。