‘70年代に若者を中心に人気を集めたホンダのレジャーバイク「ダックス」が125ccとなって復活! 発表から注目を集めていましたが、いよいよ9月22日に発売されることになりました。そこで、原付二種モデルを初体験という女優の北向珠タさんが試乗しました!

ほぼほぼ初心者ライダーの北向珠タがホンダのダックス125を初体験!

 女優やモデル、グラビアなどで幅広く活躍している北向珠タさん。父親が昔からバイク好きで、お兄さんもバイク乗りという環境で育ったこともあり、本人もすっかりバイク好きになってしまったそう。

今話題沸騰中のホンダの新型レジャーバイク「ダックス125」にも興味津々の北向珠タさん
今話題沸騰中のホンダの新型レジャーバイク「ダックス125」にも興味津々の北向珠タさん

 一昨年、バイクを購入したお兄さんが、家族のLINEグループに愛車の写真を投稿。そこで、一念発起した北向さんは普通自動二輪免許を取得。昨年に念願のバイクデビューを果たしたそうな。今はいろんなバイクに乗ってみたいという北向さん、今話題沸騰中のホンダの新型レジャーバイク「ダックス125」にも興味津々なんだとか…。

 ちなみに「ダックス125」は、1969年にホンダから発売されたレジャーバイク「ダックスホンダ」を現代に再定義したモデル。名前の由来は胴長短足の犬種「ダックスフント」で、愛らしいスタイルが若い世代を中心に大人気になりました。排出ガス規制などに対応できずに生産終了となってしまいましたが、現在でもバイクファンの間でも人気の高いモデルです。

排気量125 ccの原付二種レジャーバイク「ダックス125」
排気量125 ccの原付二種レジャーバイク「ダックス125」

 そんな今年の春、ホンダから発表されたのが「ダックス125」です。排気量125 ccの原付二種(第二種原動機付自転車)になりましたが、スタイリングの愛らしさは変わらず。新型コロナウイルス感染症の影響で7月発売の予定が延期されていましたが、ようやく9月22日に待望の発売を迎えることになったのです!

 そこで、リアルタイムでダックスホンダを知っているオトナ世代ではなく、バイクに乗りはじめて1年ちょい、原付二種モデルに乗るのは初…という、ほぼほぼ初心者ライダーの北向珠タさんに試乗していただくことになりました!

遊びゴコロが散りばめられていて、ワクワクする気持ちになります!

 はじめまして! 北向珠タです。いよいよ発売されるダックスですが、実は排気量125ccの原付二種バイクを間近で見るのは初めて。しかも私は身長が高い(身長170cm)ので、コンパクトなダックスに乗っている姿が想像できませんでした。どのくらいの速度でどんな乗り味なんだろう…と、ワクワクしていました。

ダックス125のカラーはレッド(パールネビュラレッド)とグレー(パールカデットグレー)の2タイプ
ダックス125のカラーはレッド(パールネビュラレッド)とグレー(パールカデットグレー)の2タイプ

 第一印象は、めちゃくちゃカワイイ!! って思いました。実際に見ると思ってたよりも大きくて安心感があります。試乗している人が走っている姿はカッコよくて、原付二種ってイイとこ取りのバイクなのかも…と思いました。

 カラーはレッド(パールネビュラレッド)とグレー(パールカデットグレー)の2タイプ。実はグレーが私好み! 甘過ぎずにカッコよさもあって、ひと目でホレてしまいました。サイドにあるワンちゃんのステッカーもお茶目。誰が乗ってもカワイイし、カッコいいと思います。

イグニッションキーをオンにするとメーター起動の前にゼロの表示がお目目のようにパチパチって点滅します
イグニッションキーをオンにするとメーター起動の前にゼロの表示がお目目のようにパチパチって点滅します

 まず最初にイグニッションキーをオン。メーターが起動して2つ並んだゼロの表示が、お目目のようにパチパチって点滅するのがカワイイ。ホンダさんの遊びゴコロにビックリしました。キーをオンにするたびに楽しい気持ちになっちゃいました。

ダックスのシートは柔らかくて座り心地はバツグン!
ダックスのシートは柔らかくて座り心地はバツグン!

 それにシートは柔らかくて座り心地はバツグン! カスタム仕様の車両も展示してあったのですが、カスタムシートもどれもダックスに似合っていました。可愛さを重視するカスタムも、カッコよさを追求するカスタムもどちらもできそう!! 可能性が無限大だなと思いました。

扱いやすくて楽しい原二モデルの魅力にハマりました!!

 実際にまたがってみると、足つきは安心できるくらいによかった!

ポジションは、窮屈な感じが一切なくて、足つきも安心できるくらいに良い
ポジションは、窮屈な感じが一切なくて、足つきも安心できるくらいに良い

 ステップにも足を乗せやすかったです。窮屈な感じが一切なくて、ゆったりし過ぎないほどよいポジション。ハンドルを持った時のヒジの曲がり具合にも余裕があって、自然に運転する姿勢をとることができます。

 排気量が125ccということもあり、女性の私でも軽々と取り回せちゃいます。バイクに挑戦する時、まず最初の難関となるのが取り回しだと思います。ダックスなら気軽にクリアできそう! バイクに乗るハードルが下がって、初心者でも気軽に乗りはじめることができるバイクなんじゃないかな…と思いました。

ダックス125は、クラッチ操作を必要としない自動遠心クラッチに4速トランスミッションを採用
ダックス125は、クラッチ操作を必要としない自動遠心クラッチに4速トランスミッションを採用

 ちなみにダックス125は、クラッチ操作を必要としない自動遠心クラッチに4速トランスミッションを採用しています。走行中はローから1速ずつ変速するリターン式で、停車時はニュートラルからトップギアまで循環するロータリー式になるチェンジ機構になっています。実はこのクラッチレバーのないシフト操作は初めてなのでドキドキです。

ダックスの走りだしの強さにオドロキ!
ダックスの走りだしの強さにオドロキ!

 まず1速の時。「125ccでこんなにパワーがあるの⁉︎」と、走りだしの強さにオドロキました。クラッチがないことが違和感…だったんですが、10分くらい乗っていると慣れてきます。まずエンスト(エンジンストール=意図せずエンジンが停止してしまう現象)する心配がないって言うのが気持ち的にラク過ぎ! 発進する時、半クラ(半クラッチ=クラッチが完全に繋がっていない状態)から繋いでいく操作が心配だったのですが、クラッチ操作がひとつ減って気持ち的に余裕が生まれました。

 ストレートの道でもパワフル! 風を感じて走ることができました。ビックリしたのが、細い路地を走ってる時。まるで自転車に乗ってるように軽快で運転しやすくて気持ちいいのです。細い道でも安定感のあるダックスなら大丈夫っていう安心感があります。

苦手なカーブもリラックスしたポジションのおかげで曲がりやすく感じた
苦手なカーブもリラックスしたポジションのおかげで曲がりやすく感じた

 実は私、カーブが大の苦手なのですが、車体を傾けやすくて曲がりやすく感じました。ハンドルを持った時に、肘の曲がり具合に余裕があってリラックスしたポジション。ブレーキも少しの力でしっかりと効いて、カーブ前の減速がスムーズにできます。緊張感なくゆ〜ったりと曲がれてカーブの楽しさを感じられました。

 正直なところ、最初はシフトチェンジがうまくできずに「難しいかも…」と思いながら乗っていました。ところが、 ほんの10分くらいで感覚をつかむと、いい意味でオモチャを操縦しているような、童心をくすぐられる感覚になり、気づいたらヘルメットの中で「フォぉぉー!」って叫んじゃってました (笑)。

自然があふれるところでのどかな道をゆったりと景色を楽しみながら走りたい
自然があふれるところでのどかな道をゆったりと景色を楽しみながら走りたい

 今回の試乗会でダックスの魅力にハマってしまい、今すぐにでももう1回乗りたくなってしまいました。どこか自然があふれるところへ行って、のどかな道をゆったりと景色を楽しみながらダックスと一緒に走りたいです。

のんびりマイペースにふらっと日帰りツーリングに出かけるのが楽しそう!

 コンパクトさもあるので、普段の通勤やちょっとした移動にも向いてそうだなと思いました。

ダックス125にバイクの新しい世界を教えてもらった
ダックス125にバイクの新しい世界を教えてもらった

 特に気に入ったのは、なんと言っても身軽さ。今までは「バイクは大きければ大きいほどカッコいいんだ!」としか思っていなかったけれど、ダックス125の身軽さと扱いやすさ、そして力強さにビックリして、「もっともっと、いろんなバイクに乗ってみたい!」と思いました。 私、ダックス125にバイクの新しい世界を教えてもらいました。ありがとう、ダックス125!!

■HONDA DAX125 2022年モデル
全長×全幅×全高:1,760×760×1,020mm
軸距:1,200mm
最低地上高:180mm
シート高:775mm
車両重量:107kg
乗車定員:2
最小回転半径:2.0m
エンジンタイプ:空冷4ストローク OHC単気筒
総排気量:123cc
内径×行程:50.0×63.1mm
圧縮比:10.0
最高出力:6.9kW(9.4PS) / 7,000rpm
最大トルク:11N・m(1.1kgf・m) / 5,000rpm
始動方式:セルフ式
燃料タンク容量:3.8L
タイヤ:前120/70-12 51L、後130/70-12 56L
ブレーキ形式:前 油圧式ディスク(ABS)、後 油圧式ディスク
懸架方式:前 テレスコピック式、後 スイングアーム式
フレーム形式:バックボーン
■メーカー希望小売価格:44万円(消費税10%込)