WHILL株式会社は、2022年9月13日(火)より歩道を走れるスクーター「WHILL Model S」の先行受注を開始しました。どのような特徴を備えているのでしょうか。

より便利で安心な移動を後押し

 WHILL株式会社は、2022年9月13日(火)より歩道を走れるスクーター「WHILL Model S」の先行受注を開始しました。

時速6km以下で走行する近距離モビリティ「WHILL Model S」
時速6km以下で走行する近距離モビリティ「WHILL Model S」

 ​時速6km以下で走行する近距離モビリティWHILL Model Sは、免許返納後などの移動手段の選択肢とされる電動アシスト自転車やシニアカーでは満たせなかったニーズを反映させたスクータータイプのモデルです。

 WHILLによると現在、免許返納件数は年間60万件に上る一方、その後の移動手段に挙がるシニア向け電動アシスト自転車やシニアカーの流通台数は計16万台弱にとどまっており、シニア向けモビリティ市場は限定的であるといいますが、新型モデルであるWHILL Model Sでは、電動アシスト自転車よりも安定した走行性能と、シニアカーよりも日常に馴染みやすいシンプルなデザイン性を採用することで、既存の移動手段では拾いきれなかった顧客ニーズを実現。

時速6km以下で走行する近距離モビリティ「WHILL Model S」。直感的でなめらかな操作が可能です
時速6km以下で走行する近距離モビリティ「WHILL Model S」。直感的でなめらかな操作が可能です

 レバーを握れば前進/後進、手を離せばその場でブレーキがかかり停止するシンプルな仕組みにより、直感的でなめらかな操作性を可能にしています。

 また、WHILL Model Sでは使用者とその家族がスマートフォンのアプリ上で機体の居場所や状態、外出情報を共有できる「WHILL Family App」を一緒にしたプレミアムなサービス「WHILL Premium Care」も利用可能となっています(年間/2万6400円)。

 WHILL社ECサイトと電話、WHILLを取り扱う全国の自動車ディーラー、サイクルベースあさひ他で受注を開始したWHILL Model Sの価格は21万8,000円〜(非課税、送料調整費別)で、カラーは全4色が用意されています。