道路が渋滞しているとき、S字を描くようにクルマと車の間を追い抜いていくバイクを見かけることがあります。では、こういったバイクのように車線内の左側から車両を追い抜く行為は、違反にあたるのでしょうか。

規定のない追い抜きと規定のある追い越し、この違いって?

 バイクであれば、前方のクルマの右側、左側どちらからでも追い抜き、追い越しをしようと思えばできるかもしれません。実際、道路が渋滞しているときなどに、S字を描くようにクルマと車の間を追い抜いていくバイクを見かけることもあります。

バイクで車線内の左側から車両を追い抜く行為は、違反にあたるのか?
バイクで車線内の左側から車両を追い抜く行為は、違反にあたるのか?

 では、このようにバイクで車線内の左側から車両を追い抜く行為は、違反にあたるのでしょうか。
 
 そもそも「追い抜き」とは、車線を変更せずに走行して、前方を走る車両の前に出る行為とされています。実のところ「追い抜き」は、道路交通法に明確な規定がなく「追い越し」と区別するための呼び名であるといわれることもあります。

 明確な定義がないことから、道路の左脇に停車している車の隣を通過する行為も追い抜きに該当するとされます。また、片側2車線以上ある道路で、左車線を走っている車両の隣を右車線から走り抜ける行為も、追い抜き扱いです。

 そして「追越し」は、道路交通法の第2条(定義)の21項に規定されています。抜粋すると「車両が他の車両等に追い付いた場合において、その進路を変えてその追い付いた車両等の側方を通過し、かつ、当該車両等の前方に出ることをいう」という内容です。

 また、同法第20条(車両通行帯)の第3項では「追越しをするときは、その通行している車両通行帯の直近の右側の車両通行帯を通行しなければならない。」と規定されています。

追い越しをする手順は、右側の車両通行帯に進路を変えて前方のクルマに追いつき横を通過します
追い越しをする手順は、右側の車両通行帯に進路を変えて前方のクルマに追いつき横を通過します

 このように、追い越しをする手順は、右側の車両通行帯に進路を変えて前方のクルマに追いつき、横を通過します。その後に車線変更をして、追い越したクルマの前方に出るという流れです。

 つまり、車線変更を含めずに、前方のクルマの前に出る行為は「追い抜き」に該当するというわけです。

前方のクルマの前に出る行為は「追い越し」と扱われる場合がある
前方のクルマの前に出る行為は「追い越し」と扱われる場合がある

 ちなみに、機動性のあるバイクの場合、前述のように車線変更をせず、前方を走る車両の左側から追い抜きをすることも、不可能ではありません。これは明確な違反として該当するものではありませんが、取り締まり対象として扱われる可能性が高い行為です。

 前述の通り、「追い抜き」に関しては道路交通法に明確な規定がありません。しかし、前方のクルマの前に出る行為は「追い越し」と扱われる場合があるため、「追越し違反」として検挙される可能性があります。その場合は、違反点数2点に加え、二輪車が7000円、原付の場合は6000円の反則金が課されることになります。

 また、左側から追い抜きをして事故を起こした場合は、重罪に問われるかもしれません。前方のクルマの運転手を死傷させた場合、最悪のケースでは「危険運転致死傷罪」に問われる可能性があります。もしそうなった場合は、事故の状況に応じて、1年以上20年以下の懲役、または15年以下の懲役が科されるでしょう。

 なお、危険運転致死傷罪に該当する要件は6つほどあります。その中で左側から追い抜き事故を起こした場合、「進行を制御する技能を有しないで自動車を走行させる行為」として扱われるかもしれません。もちろん、道路交通法に明確な規定がない以上、判断するのは警察官の裁量に左右されます。

 また、道路交通法に規定はなくても、交通マナーについてまとめられた「交通の方法に関する教則」では「追い抜き」の禁止場所について記載があります。

横断歩道や自転車横断帯とその手前から30メートル以内の場所では、ほかの車を追い越したり、追い抜いたりしてはいけません
横断歩道や自転車横断帯とその手前から30メートル以内の場所では、ほかの車を追い越したり、追い抜いたりしてはいけません

 第5章の第3節「歩行者の保護など」の第2項「歩行者が横断しているときなど」の(4)には、「横断歩道や自転車横断帯とその手前から30メートル以内の場所では、ほかの車を追い越したり、追い抜いたりしてはいけません」と明記されています。

 つまり、横断歩道付近では追い抜きはできないということです。

 バイク、クルマに関係なく、一般公道を走る際は「キープレフト」という、左側に寄せて走ることを教習所では教えられます。このキープレフトの根拠のひとつになっているのは、道路交通法の第18条(左側寄り通行等)とされます。

 内容を抜粋すると、「車両(トロリーバスを除く。)は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、自動車及び原動機付自転車にあっては道路の左側に寄って、軽車両にあっては道路の左側端に寄って、それぞれ当該道路を通行しなければならない」とされています。

 この規定の中ほどにある「車両通行帯の設けられた道路」とは、簡単にいうとセンターラインのある道路のことです。つまり、センターラインのない道路では左寄りで走れという意味になります。しかし、左側から追い抜きをすることに違法性がないとは言っても、思いがけない事故を引き起こす危険性が高い行為のため、避けた方が良さそうです。

※ ※ ※

 多くの場合、追い越しや追い抜きは右側からおこなうものです。左側から追い抜きをする行為自体は明確な違反行為にはなりませんが、事故を起こしやすく危険な行為といえます。

 違反に当たらないとはいえ、自身や周囲の車両のためにも、左側からの追い抜き行為は推し称される行為ではないことを、覚えておきたいものです。