今では当たり前のことではありますが、バイクには「ABS」の装着が義務付けられています。では、そもそもなぜ、いつから義務化されたのでしょうか。

いまさら聞けない? そもそも「ABS」とは何か

 現在発売されているバイクには、「ABS」の装着が義務付けられています。今では当たり前のことと思うかもしれませんが、なぜ、いつから義務化されたのでしょうか。そもそも「ABS」とは、「アンチロックブレーキシステム」のことで、急ブレーキをかけたときなどにタイヤのロックを防ぎ、安全かつ短い距離で停止することをサポートする機構です。

現在発売されるバイクには、「ABS」の装着が義務付けられている
現在発売されるバイクには、「ABS」の装着が義務付けられている

 タイヤは、ブレーキの直前でもっとも強い制動力を発揮します。ですがその反面、ロックさせてしまうと転倒事故に繋がるリスクが高まります。滑りやすい路面や、緊急時の急ブレーキにおけるタイヤのロックを防止し、タイヤの制動力を安定して発生させるようにブレーキ操作を補助する装置がABSです。

 ABSは、車輪の回転数を見張るセンサー、ブレーキの油圧を制御する回路(アクチュエーター、モジュレーターなど呼び方はさまざま)、それら全体をコントロールするECUなどから構成されています。

 ブレーキをかけた際、まずセンサーの電気信号を使って車輪の回転速度を計測します。この情報をもとに、ECUが「タイヤの回転数」と「実際の速度」を監視し、両者の差が大きい場合に、タイヤがロックしていると判断します。

 車速に対して車輪の回転速度が極端に落ちていると、タイヤがロックしそうな状態であると判断し、ブレーキの圧力を瞬間的に下げてロックを回避します。その後すぐにブレーキの圧力を戻し、制動力を最大に発揮させるということを自動的に繰り返すことで、車輪をロックさせないようにするという装置になっています。

ABSはいつから義務化されたのか?

 日本でバイクのABSの搭載が義務化されたのは2018年10月1日のことです。具体的には、新車販売のバイクの場合、126cc以上の大型/普通自動二輪車にABSの搭載が、51〜125cc以下の原付二種にはABSまたはCBSが搭載必須となります。

日本でバイクのABSの搭載が義務化されたのは2018年10月1日
日本でバイクのABSの搭載が義務化されたのは2018年10月1日

 また、継続生産されている車両や輸入車は、2021年10月1日からABSまたはCBSの搭載が義務化されました。ちなみに、エンデューロやトライアルマシンなどの競技車両や、50cc以下の原付一種は対象外です。

 欧州では、ABS義務化以前の2011年だけでも約5000人の人がバイクで命を落としており、バイク事故で亡くなる人を少しでも減らそうという流れから、2016年にABSが義務化されました。

ドイツの部品メーカーである「ボッシュ社」は、ABSを標準装備化することで、生命に関わるバイク事故のおよそ4分の1を防止できると発表しています。

 こうした調査結果や世界的な流れから、国土交通省が2015年1月におこなった「道路運送車両の保安基準」などの改正によって、欧州から少し遅れてではあるものの、日本国内でもバイクにABSの搭載が義務付けられるようになりました。

砂利道や雨で濡れた路面でも、ABS搭載のバイクであれば制動距離を短くできる
砂利道や雨で濡れた路面でも、ABS搭載のバイクであれば制動距離を短くできる

 ABSが搭載されていることにより、緊急時に慌ててブレーキを強くかけるパニックブレーキをかけても、タイヤをロックさせずに制動させることができます。また、制動距離が伸びやすくなる砂利道や雨で濡れた路面でも、ABS搭載のバイクであれば制動距離を短くでき、姿勢を維持したまま停止できるなどのメリットがあります。

ABSを搭載していることによって生まれるデメリットはあるのか?

 デメリットの一つとして、バイクの車両価格が高くなるという点が挙げられます。

安全装備としては優秀ですが、ABSの費用がバイク本体価格に上乗せとなる
安全装備としては優秀ですが、ABSの費用がバイク本体価格に上乗せとなる

 ABSのあり、なしでモデル展開されていたバイクでは、価格が3万円から5万円ほどABS付きのモデルの方が高くなっていました。安全装備としては優秀ですが、ABSの費用がバイク本体価格に上乗せとなるので、結果としてバイクの価格は高くなってしまいます。

 また、バイクが重くなるという点もあります。ABSを搭載すると、車重が3〜5キロほど重くなりますが、バイクにおいて3〜5キロの重量増は、ABSの無いバイクに比べると違和感を感じるレベルの重さとなります。

 走行性能にもかなり影響するかもしれませんが、最近の公道を走るバイクは以前に比べて他の部分で軽量化されていることも多いため、トータルで考えるとあまり気にならないレベルと言えるかもしれません。

※ ※ ※

 ABSは、装備されているからといって、必ず転倒を防止したり、安全に停車できるというような万能な安全装置ではありません。ABSは、ほとんどの状況で制動距離を短くしてくれますが、路面や走行条件によってはABSを装備していないバイクよりも制動距離が伸びる場合もあります。また、コーナリング中に車体が横滑り状態に陥ってしまうとABSでは対応することはできません。

 あくまでも、ABSはライダーの運転を補助するものであるということを念頭に置き、ABSを過信せずに基本的な安全運転を守ってバイクに乗ることが大切です。