カワサキは10月4日から9日までドイツ・ケルンで開催されている二輪車の国際見本市「インターモト」で、電動量産車のプロトタイプを公開しました。

量産予定の姿を欧州で公開

 カワサキは10月4日から9日までドイツ・ケルンで開催されている二輪車の国際見本市「インターモト」で、電動量産車のプロトタイプを公開しました。

カワサキの電動量産車のプロトタイプ
カワサキの電動量産車のプロトタイプ

 2022年開催の鈴鹿8時間耐久レースで初公開されたカワサキ製の電動モデルは、カワサキモータースヨーロッパの鶴野 雅也社長による講演の中で紹介された一台です。

カワサキモータースヨーロッパの鶴野 雅也社長
カワサキモータースヨーロッパの鶴野 雅也社長

 鶴野社長は今回の発表で2022年までに全世界で3台以上の電気自動車を発表するというカワサキモータース社長の公約を振り返り、プレスカンファレンス期間中に展示したプロトタイプが将来の生産車のベースとなることを強調しました。

 また、鶴野社長は内燃機関へのこだわりを強調する一方で、カーボンニュートラルな選択肢として水素の研究が進んでいることに加え、電子燃料やバイオ燃料も検討されていると述べています。

 なお、鶴野社長によると、カワサキは二輪車の世界にとどまらず、自動車やその他の未来技術とのパートナーシップを積極的に進めていると説明するとともに、「私たちは高いモチベーションと強い絆で、これからも研究開発を続けていきます」とコメントしています。