自賠責保険に加入すると、「自賠責保険加入ステッカー」が交付されます。このステッカーにはどういった意味があり、どこへ貼れば良いのでしょうか。また、貼らなかった場合は、違反になるのでしょうか。

自賠責保険のステッカーをバイクに貼る意味

 自賠責保険は、原動機付自転車(原付)を含むすべての公道を走る自動車へ、加入が義務付けられている保険です。主に、交通事故が起きた際に、加害者が支払うべき賠償金などを補填することで、被害者を救済することを目的に作られた保険。

 自賠責保険は対人事故のみが補償の対象となっているため、対物事故には適用されません。

自賠責ステッカーはナンバープレートに左上に貼る
自賠責ステッカーはナンバープレートに左上に貼る

 この保険に加入すると、「自賠責保険加入ステッカー」が交付されます。

 自賠責保険加入ステッカーには、満期になる年月が記載されており、貼ってあるステッカーを見るだけで自賠責保険の加入期間を確認することが可能です。期限が切れている場合や満期間近な場合は、早急に自賠責保険を扱っている代理店や保険会社などで契約をし直す必要があります。

 なお、現在ではコンビニでも24時間365日、自賠責保険の加入手続きができるため、自賠責保険の契約期間終了が近くなったことに気付いた時点で、すぐに手続きをすることが可能です。

 このステッカーは、必ずしもバイクに貼らなければならないのでしょうか。

自賠責保険に加入してバイクライフを楽しむライダー
自賠責保険に加入してバイクライフを楽しむライダー

 結論からいえば、交付されたステッカーは「ナンバープレートの左上」に貼ることが定められています。また、交付された自賠責保険加入ステッカーを貼らずに運転をした場合は、30万円以下の罰金が科せられるため注意してください。

 しかし、自賠責保険加入ステッカーを紛失してしまったり、バイクに乗っているうちに雨風などによって剥がれてしまったりすることもあるでしょう。では、もし自賠責保険加入ステッカーを紛失した場合は、どうすれば良いのでしょうか。

 自賠責保険加入ステッカーを紛失した場合、再交付が可能です。

 再交付は、自賠責保険に加入した代理店や保険会社に申請すれば簡単にできますが、自賠責保険の保険証と契約者の印鑑が必要となります。ちなみに、自賠責保険への加入は自動車損害賠償補償法によって法律で定められているため、加入しないでバイクを運転した場合は法律違反。

 未加入のまま運転をした場合は1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられるだけでなく、自賠責保険の未加入は交通違反となるため、違反点数6点が加算されます。

 なお、違反点数が6点加算されると、それまでの違反点数に関係なく一発で免許停止処分になるため要注意。さらに事故を起こした場合は自賠責保険で補填される賠償金が出ないため、被害者に支払う賠償金はすべて自己負担となります。

 経済的にも社会的にも大きなダメージを受けることから、自賠責保険に未加入の状態でバイクを運転することは避けるようにしましょう。