一般的に林道ツーリングは、街中などの整備された道路を走行するときとは異なり、未舗装の道路を走行するものです。これからの季節は特に、秋の紅葉を楽しむためにツーリング計画を立てている人も少なくないでしょう。では、林道ツーリングをするにあたって注意したい点として、どのようなものが挙げられるのでしょうか。

はまると抜け出せない? 林道ツーリングの魅力

 林道ツーリングには、公道や都会でのツーリングでは味わえない開放感や、ダイナミックな自然を独り占めできる優越感を得ることができます。これからの季節であれば、綺麗に紅葉した木々の中を走ることで秋を感じることができるでしょうし、山の中のふとした空き地や見晴らしの良い場所でバイクを止め、ゆったりとコーヒーを淹れて飲む時間は、日常では体験できない趣があります。

林道ツーリングは、大自然の中でバイクを操る楽しさを味わうことができます
林道ツーリングは、大自然の中でバイクを操る楽しさを味わうことができます

 林道ツーリングは、大自然の中の未舗装路でバイクを操る楽しさや、山の奥深くに入っていく非日常感などの奥深さを味わうことができるため、一度体験してまってしまうライダーも少なくないようです。

 そんな林道ツーリングですが、初めて林道ツーリングに行くにあたって、注意するべきポイントとして、どのようなものが挙げられるのでしょうか。

 一般的な林道は、山林作業従事者が使う未舗装路のことをさします。舗装路と比べてはるかに交通量が少ないため、スピードを出しすぎてしまうこともあるかもしれません。しかし、林道はガードレールが設置されていない箇所も多く、走行中の判断を誤ったり、コーナーが曲がり切れなかったり、止まりきれないといったときには、崖下に落ちたりする恐れもあります。

オンロードと比べて見通しが良くない場合も多いで林道
オンロードと比べて見通しが良くない場合も多いで林道

 また、林道の場合は、オンロードと比べて見通しが良くない場合も多いです。林業の関係者やハイキング中の人、時には野生動物が突然飛び出してくることも考えられるため、接触事故や転倒などを防ぐために、危険予測をしっかりおこなえるスピードで走ることが求められます。

 また、林道ツーリングができるスポットの周囲には、ガソリンスタンドが近隣にない場合があります。万が一、ガス欠になってしまったら、最寄りのガソリンスタンドまで未舗装路をバイクを押して移動しなければなりません。林道ツーリングから安全に戻ってくるには、できれば林道の突入前に最寄りのスタンドでガソリン満タンにしておきましょう。念のため、予備のガソリン缶を持っていくのもおすすめです。

 林道ツーリングをするにあたって、道路の状況をあらかじめチェックしておくことも重要なポイントのひとつです。入禁止のエリアや事故の危険性がありそうな坂をチェックしておくことで、トラブルの発生リスクを抑えることができます。

 さらに、前日に大雨が降った際は道路が滑りやすくなっていたり、ぬかるんでいたりするため、当日も先の状況がわからない道路では、よりスピードを落として運転することが必要です。

林道ツーリングで用意するべきアイテム

 魅力も多い代わりに、注意点も多い林道ツーリングですが、安全に走行するためには、最低限以下のアイテムを装備することが必要です。そもそもオフロードでは、専用に開発されたロングタイプのプロテクターで手足の保護をする必要があります。加えて、転倒リスクが高い林道ツーリングの場合、脊椎部や胸部、腹部を守るプロテクターも欠かせません。

林道走行向けにグローブを買うときには、気温や天候の変化に対応できるものを選ぶと良い
林道走行向けにグローブを買うときには、気温や天候の変化に対応できるものを選ぶと良い

 また、ハンドルをしっかり握るため、手指を守るグローブが必要です。林道走行向けにグローブを買うときには、気温や天候の変化に対応できるものを選んでみると良いでしょう。また、転倒時の保護という意味では、プロテクターが入ったものもおすすめです。

 林道ツーリングでは、転倒や事故を起こさなくても、木の切り株や枝、岩などに足をぶつける可能性もあるため、エンデューロブーツを着用すると良いでしょう。

ヘルメットは目元がしっかり保護されているものを選びましょう
ヘルメットは目元がしっかり保護されているものを選びましょう

 林道ツーリング初心者の人は、装備を買う際はなるべく試着をして、運動性能と保護性能のバランスが良いものを選んでみると良いかもしれません。

 その他にも林道ツーリングでは、転倒時や突き出た木の枝や跳ね石から、頭や顔、目を守ることも大切です。そのため、ヘルメットは目元がしっかり保護されているものを選ぶと良いでしょう。

山の天気は変わりやすいため、レインウェアを用意しておくと安心
山の天気は変わりやすいため、レインウェアを用意しておくと安心

 例えば、本格的なオフロードヘルメットは目元がゴーグルになっているものが多いですが、林道走行をする程度なら、シールドタイプのヘルメットでも十分に対応できるため問題ありません。また、山の天気は変わりやすいため、レインウェアを用意しておくと安心です。

 その他にも、急な車両トラブルに備えて、パンクの修理キットや交換用のクラッチなどを持参しておくことをおすすめします。

※ ※ ※

 山中の未舗装路を走る林道ツーリングは、街中では味わえない開放感だけでなく、ダイナミックな自然を独り占めできるといった魅力があります。

 しかし、裏を返せば、人気が少ないところへ向かうということは、トラブルにはより一層注意しなくてはならないということです。ツーリングに出かけるときには、しっかりと装備などの準備をしたうえで、初心者の方は、信頼できるベテランライダーから走行のコツを学んでみると良いかもしれません。