ホンダは、日本国内向け二輪車に対して2022年11月生産分より「令和2年排出ガス規制」が適用されることに伴い、一部機種の現行モデルの注文が生産計画に達した場合、受注を一時停止することを発表しました。

計8機種が対象に

 ホンダは、日本国内向け二輪車に対して2022年11月生産分より「令和2年排出ガス規制」が適用されることに伴い、一部機種の現行モデルの注文が生産計画に達した場合、受注を一時停止することを発表しました。

ホンダ「レブル1100」
ホンダ「レブル1100」

 現在、ホンダを始め多くの二輪メーカーは海外における新型コロナウイルス感染症に伴うロックダウン、世界的な海上輸送・港湾の混雑、半導体供給不足などの複合的な要因により、製品・部品入荷や物流の遅延が継続・長期化している問題に直面しています。

 また、日本国内向け二輪車においては11月生産分より令和2年排出ガス規制が適用(令和2年排出ガス規制 適用開始時期:新型車 2020年12月、継続生産車 2022年11月/第一種原動機付自転車は2025年11月)されます。

 そのため、ホンダでは以下の8機種を対象に受注を一時停止すると発表しています(2022年10月28日時点)。

■レブル1100
■レブル500
■GB350
■CRF250 RALLY
■CRF250L
■フォルツァ
■グロム
■モンキー125

※ ※ ※

 なお、ホンダは対象製品の受注再開に関して、公式サイトならびにホンダ二輪車正規取扱店から発信していくといいます。