ホンダ・ヨーロッパはスクーターモデル「PCX125」の最新モデルを欧州で公開しました。新型モデルでは新たに2色の新色を追加しています。

登場以来、欧州で14万台以上を販売

 ホンダ・ヨーロッパはスクーターモデル「PCX125」の最新モデルを欧州で公開しました。

ホンダ「PCX125」2023年モデル
ホンダ「PCX125」2023年モデル

 2010年にヨーロッパで初めてアイドリングストップテクノロジーを搭載した二輪車として登場して以来、欧州で14万台以上の販売実績を持つPCX125は、排気量125ccのスマートパワープラス(eSP+)エンジンを搭載するスクーターモデルです。

 2016年にはEURO4に適合し、2018年には大幅なデザインアップデートと新型シャシーの採用、エンジンのパワーアップを実現したPCXは、フルフェイスヘルメットを収納できるシート下スペースやUSB Type-C充電ソケットやスマートキーなど、利便性に優れた機能を多数搭載。

 ホンダ・セレクタブルトルクコントロール(HSTC)とアイドリングストップなど、走行性能や燃費性能を高める機能も採用されています。

 なお、PCX125の最新モデルでは新色のパールジュピターグレー、マットスーツブルーメタリック、継続色のパールジャスミンホワイト、マットギャラクシーブラックメタリックの4色が用意されています。